スーパー歌舞伎に主演の中村隼人「若い人にはうなずくくらい共感していただきたい」

中村隼人 撮影/山田智絵

 30年ほど前、当時の三代目市川猿之助(現・市川猿翁)さんが「現代のお客様がもっと楽しめる歌舞伎を」と、ダイナミックな演出で創りあげた新ジャンル、それがスーパー歌舞伎。その意志を四代目猿之助さんが引き継いだスーパー歌舞伎II〈セカンド〉で、スーパー歌舞伎の代表作『オグリ』が刷新上演される。

 主役の小栗判官役を猿之助さんと分け合うのが、中村隼人さん。端正な美貌と芸で、当代きっての若手二枚目として人気を集める逸材だ。

憧れの猿之助との共演

「おととしくらいから猿之助兄さんに“一緒にやりたい、あなたに合う役だから、交互出演でできたらいいね”と言っていただいていたんです。でも、まさか実現するとは思いませんでした。僕にとって憧れであり、おそれている先輩で、大好きな人でもある猿之助兄さんとの交互ですから、俳優人生の中でも大事件だと思います」

『新版 オグリ』の小栗判官(オグリ)は何不自由なく育ち、できないことなんて何もないという美丈夫(つまりイケメン)。出だしの彼は、かなり思い上がった若者だ。

「冒頭の彼は完全に調子に乗っています。やんちゃ盛りですし、腕っぷしは強く頭もキレて容姿もいい、望むものは何でも手に入ってしまう。でも、恋をして仲間と徒党を組んだオグリは地獄に送られて、醜い容姿と不自由な身体の〈餓鬼病〉という状態になって現世に戻されます。

 いままで当たり前にできたことができなくなって。そこから人とのつながりの大切さや、生きていく中で大切なものを知っていくというストーリーですので、とても成長するんですよ。現代の人にもすごく共感してもらえる話だと思います」


関連記事

週刊女性PRIMEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索