東出昌大と唐田えりか

 突如、世間に大きな衝撃を与えた、東出昌大と女優・唐田えりかの“3年不倫”。

「イクメン」「家族思い」といったイメージにより、好感度が急上昇していた東出の不倫はここ数年の不倫騒動の中でも、ベッキーに次いで大勢からの批判を浴びることとなった印象だ。交際が始まったとされる2017年には、妻の杏が第三子を妊娠中だったであろうことに加え、その後も杏が寝る間も惜しんでドラマ出演や家事・育児に奮闘していた様子が目に浮かぶのも、今回の騒動を叩きたくなる感情を後押ししたように思う。

 周囲や各種SNSからあがってくる声で特に多かったのは、「東出は美人女優の妻と、かわいい子どもが3人もいて幸せな家庭を築いているにもかかわらず、なぜ不倫なんかするのか」「唐田も、相手が既婚者で子どももいることは当然、知っているはずなのに、心は痛まないのか」というものだった。

 守るべき家族がいるのに不倫する既婚者の心理、そして、相手に家庭があることを知りながら不倫する独身者の心理は、たいていの人は理解できないだろう。しかし、世の中には一定数の、「結婚していたって恋愛をしてもいい」と考える人たちが存在する。彼らの思考を解読すべく、話を聞いた。

妻と彼女より「自分がどうしたいか」

 現在、IT系の企業で働く間宮和樹さん(仮名)は、お笑いトリオ『東京03』の豊本明長似で、優しげな笑顔が特徴的な40代だ。20歳で同じアルバイト先に勤務していた女性と結婚したが、結婚生活20年以上のうち、途切れることなく「彼女がいましたよ」と語る。

 彼の妻は40歳を過ぎても美しさを保っており、そんな妻に似たかわいらしい娘もいる。会社では、「絵に描いたようなマイホームパパ」「間宮さんみたいな、家庭を大事にする人と結婚したい!」と若い女性社員の間で話題になるほど、“イクメン”のイメージで通っているそうだ。

 しかし、彼の裏の顔は意外なものだった。20年以上にわたり、さまざまな女性と不倫を繰り返している理由について聞くと、

「人間は結局、一対一の付き合いだから、結婚しているとかは関係なく、その人に惹かれてしまうのはしかたがないんですよ。自分の気持ちにはいつも素直でいたいですから」

 と、悪びれることなく答えた。「“バレたら大変なことになる”、とか、“妻を傷つけてしまう”ということは考えないのでしょうか」と尋ねたところ、

「そしたら謝るしかないですよね。あとは、相手の判断次第かな。無責任だと言われれば確かにそうなのかもしれないけれど、僕は“魅力を感じる相手と会いたい”という気持ちを止めることができません。先のことや、妻と彼女の気持ちがどうなるのかは、自分ひとりで考えても100%理解できるわけないじゃないですか。だから、まずは“自分がどうしたいか”ということを大切にして生きています」

 ……。ある意味、自分なりの信念があるようにも見えるが、やはり不倫をする男性は刹那的な享楽を最優先し、「バレたらそれはそれ。そのときになんとかすればいいや」と考える人が多いのだろうか。周囲への影響やデメリット、未来予測自体を考慮していない場合もあるように思う。