BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE 撮影/廣瀬靖士

 前回取材したのは昨年10月にリリースした初のシングル『44RAIDERS』のタイミング。台湾、マレーシアでもステージを経験したと話してくれた7人は、それから約4か月でタイ、ベトナム、インドネシアでもパフォーマンスを披露。

 大みそかには、EXILEや三代目 J SOUL BROTHERSなど事務所の先輩たちとともにカウントダウンライブにも参加し、福岡ヤフオク!ドームの大歓声を浴びた。去年5月のデビューから国内外を走り続けている。

先輩からもらった有り難いアドバイス

加納「数日前のことが懐かしいと思えるくらい、1日、1日がとても濃厚な時間を過ごさせていただいています」

砂田「グループ結成当初から目標にしていた、海外での活動もすごく刺激になっています。授賞式にプレゼンターとして参加させていただいたこともあって。次は、受賞する側になりたいと思いました」

奥田「年末のカウントダウンライブでは、(三代目 JSBの)ELLYさんが、リハーサルから僕らのことを見てくださっていて“いまの自分たちの芯がブレないよう、これからも貫いていって”とアドバイスをくださいました」

 まさに、ELLYが彼らにかけた言葉を歌詞にしたような新曲『ANTI―HERO'S(アンタイ・ヒーローズ)』が2月12日にリリースされる。正統派じゃなくてもいい、主役を食うアンチヒーローのようにでも、自分を信じ未来に向かって突き進んでいこうというメッセージが込められている。

松井「今年一発目の作品であり、僕たちにとって初の全国ホールツアーのキックオフシングルでもある曲。スタートするぞという気持ちと、グループ結成当初からある、周りに何を言われようと自分たちがカッコいいと思うスタイルを貫き通すという思いを込めて臨んだ曲です」

深堀「今回の振り付けもメンバーで考えたんですが、歌い上げる感じの曲なので壮大なイメージの振りに仕上げました。どっしり、余裕のある感じに」

日高「未来はいちばんどっしりしてたね」

深堀「靴に重りを入れてたから」

奥田「そっちのどっしり?(笑)」

海沼「デビュー以降、さまざまな経験をさせていただいたことで得た自分たちの持つ力を最大限に生かした作品になっています」

 渾身のシングル発売の2日後はバレンタインデー。予定を聞くと、

日高「初のホールツアーの初日です。大切な日なので、ライブだけに集中します!」

砂田「確かに(笑)。僕らの強みである(EXILE TRIBE初の)7人全員がマイクを持っているからこそできる変幻自在な構成やパフォーマンス。アクロバットもぶちかますんで」