初めてギャラ事情を明かしたカジサック(Youtube公式チャンネル『カジサックの部屋』投稿動画より)

《劇場休演になってる間、出演予定だった舞台ギャラのいくらかを、よしもとが保証してくれるとの事。ホンマにありがたい! なんだかんだあったって、やっぱよしもとで良かったなと思う。素晴らしい会社です! こうゆう良いニュースが世に広まって欲しい》

 スーパーマラドーナの武智が3月2日にツイッターで投稿した内容が話題を呼んでいる。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から政府からイベントなどの自粛要請が発表され、全国に劇場を持つ吉本興業でも3月2日から劇場公演を自粛している。しかし、自粛期間中に劇場の出番が予定されていた芸人には、吉本がギャラの半額を補てんするというのだ。

吉本は芸人の“直営業”に反対!?

「劇場公演の自粛発表から間もなく、所属芸人にLINEやメールなどで“舞台のギャラは半額保証する”と一斉に届いたそうです。これまで“ギャラの9割は事務所に持っていかれる”など、ブラック企業ぶりがネタにもなっていた吉本だけに、芸人たちの多くは“ほんまかいな”と信用していなかったとか(笑)」(バラエティー番組スタッフ)

 吉本といえば、昨年6月に宮迫博之らが反社会的勢力のパーティーに金銭を受け取って参加した、『闇営業騒動』が問題になった。しかしその闇営業の影響か、昨年ごろから所属芸人の待遇の見直しがされているという。代表的なのが、以前に当サイトでも報じた『5万円以下の直営業』の解禁だ。

「反社だと知らずに営業を受けてしまうと、闇営業騒動の二の舞になってしまう……ということで、芸人が直接依頼を受けた案件も吉本に報告。“反社チェック”を行って問題のない依頼主の5万円以下の仕事に関しては、吉本が手数料を抜かずに芸人が丸ごとギャラをもらえるようになったそうです。

 ただ“反社チェック”の返事が来るのが遅く、それで流れてしまう仕事も多いんですよ。吉本が過去に引き受けていた企業からの仕事すら、“反社チェックをするので……”と言われ、期日内に返事が来ないこともザラ。本音は直営業をやらせたくないのかもしれません(苦笑)」(広告代理店関係者)