『母』D・E・Fタイプを7月14日に発売する氷川きよし

 デビュー満20年を迎え、氷川きよし(42)が2月に発売したのは『母』A・B・Cタイプ。老若男女、誰もの心の琴線に触れるとロングヒットを続けている。そして、このたび装い新たに『母』D・E・Fタイプのリリースが決定!! 撮れたてホヤホヤのジャケット写真をここに初公開。前タイプは白がテーマカラーだったが、今回は赤をチョイスした。

レコーディングのときも
涙が止まらず……

「やっぱり、お母さんの色のイメージといえば赤なので。多くの方にA・B・Cタイプをお求めいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。そこで、自分のサービス精神と言うとおこがましいんですが、もう1曲、『母』のピアノ・バージョンを全タイプに入れさせていただきました」

 カップリングはそれぞれガラッと雰囲気を変えた。

「Dタイプの『黄金岬』は久しぶりのご当地もののオリジナル演歌。Eタイプの『笑おうじゃないか』は明るくテンポのある曲、お手拍子をひとつ一緒にお願いいたします。Fタイプは『見送り駅』。これは『母』の流れで、みなさんに聴いていただきたい1曲。レコーディングのときも涙が止まらなくて。本当に大好きな曲です」

7月14日発売『母』
カップリングは【D】『黄金岬』、【E】『笑おうじゃないか』【F】『見送り駅』(※写真はFタイプ)各1227円+税。発売/日本コロムビア