氷川きよし 撮影/廣瀬靖士

「2月に発売した『母』A・B・Cタイプのジャケットは、白。お母さんのお腹から生まれてきた、まっさらなイメージでした。“D・E・Fはどうしよう?”と思ったとき、やっぱり母の色は太陽のイメージで赤だと思って」

 7月14日、新たに3タイプが発売に。ビジュアルもカップリングも変えて、再始動。

「Dタイプのカップリングは『黄金岬』。久しぶりのご当地ものの演歌です」

 小樽から西に約45キロ。積丹半島の絶景スポットだ。

「愛する人を探しに黄金岬に行き、会えないまま、気持ちだけがずっと残っている。そんな切ない歌です。海も夕日もすごくきれいなところなので、ぜひ1度行ってみたいですね」

涙が止まらなくなってしまった

 Eタイプの『笑おうじゃないか』は?

「こちらは、お手拍子ものの演歌です。こんなときだからこそ、ネガティブにならず、笑って生きていきたい。そう心がけたい。あくまでも、どこまでも前を向いて生きていけたら、というメッセージを込めています」

 Fタイプの『見送り駅』は、メイン曲『母』の流れで聴いてほしいという。

「やはり母を思う主人公で。“まだ頑張るよ”と母に誓う1曲です」

 レコーディングの際、涙が止まらなくなってしまったという。

「歌詞がすごく心にしみて。今は心がいっぱいいっぱいなんだろうな。ギリギリまで水が入っているグラスが、飽和に達したような状態になってしまいました」

 コロナウイルスの影響で帰省を自粛し、母親と顔を合わせられていない人も多い。

「自分も離れて暮らしているから心配です。だいたい年に2回くらいは、コンサートで実家に帰るんです。今年は3月に九州に行く予定でしたが、それがなくなっちゃったから……。あまりにも急に状況が変わりすぎて、ちょっと心が対応できていないんでしょうね。そんな気持ちが『見送り駅』に重なったんだと思います」