(左から)有村架純、橋本愛、のん、足立梨花

 のん(27)の主演映画『私をくいとめて』(12月18日公開予定)に橋本愛(24)が出演していることがわかった。NHKの朝ドラ『あまちゃん』でヒロインとその親友を演じて以来、7年ぶりの共演だ。

『あまちゃん』女優たちのその後

 橋本は自身のインスタグラムに、のんとのツーショット写真を投稿して、

《れなちゃんの、真っ黒い大きな瞳から、いっろんなものを受け取りました。楽しかった〜…》

 と、コメント。「のん」ではなく「れな」と呼んでいることが、ふたりのファンをいっそう熱くさせた。というのも、のんはかつて「能年玲奈」として活動。4年前に所属事務所とのトラブルから独立後、改名した経緯がある。

 このトラブルの影響で、地上波の全国区番組にはなかなか出られず『あまちゃん』ゆかりの岩手県などでのローカルな仕事に頼ったりもしてきた。本格的な実写映画への主演もじつに6年ぶりだ。その映画にかつて名コンビを組んだ橋本も出演するわけである。

 ただ、橋本もブレイク後は苦労を味わった。CMイベントに出演する直前に熱愛報道があり、メディアからの質問にうまく対応できなかったり、ブログへの悪意あるコメントに傷ついて、コメント欄を閉じてしまったり。のんはかつて、極度の人見知りで話題になったが、橋本もコミュニケーションがちょっと不器用なタイプのようだ。

 しかし、そんなふたりだったからこそ『あまちゃん』の役柄がうまくハマったのだろう。ふたりはアイドルデュオ『潮騒のメモリーズ』を結成して地元の活性化に奮闘するという設定。素のぎこちなさもあいまって、視聴者は応援したい気持ちになったのだ。

 ちなみに「あまちゃん」では、アイドルを目指す役を演じた若手女優が数多く世に出た。そこには、このふたりに負けず劣らず、クセの強そうな人もいる。