O.マーフィー 騎手(ディアドラ)
「ゲートの出が良く、無理せずジャパンのすぐそばに付けられました。道中のペースもちょうど良い位で、直線に入って促した時もしっかり動けていて、また他の馬にかわされてからも、最後までよく走っていました。今回は久しぶりでもあったので、次はもっと良くなると思います」

橋田満 調教師(ディアドラ)
「最後まで諦めずにしぶとく伸びてきましたが、ディアドラはレース間隔が開くと少し反応が鈍くなるところがあるので、ガイヤースとエネイブルが動いた時に反応が遅くて置いて行かれてしまい、それが着差に出てしまいました。今回も馬の体は出来上がっていたと思いますが、レース間隔が開いたことが影響しました。けれども、それは全ての馬に言えることなので仕方がないと思っています。今日のメンバーは凱旋門賞でも多分上位にくるので、もう少し着差を詰められれば可能性も出てくると思います。次走はどこを使うかまだ決まっていませんが、ディアドラも凱旋門賞にピークを持っていけるよう調整したいと思います」