昨年の米G1ハリウッドダービーを制したモーフォルツァの母インフレームドを、日本の社台ファームが購入したことが分かった。

 これは米競馬メディア『bloodhorse.com』が報じたもの。現在はタピチャーの産駒を受胎中で、落札価格は52万5000ドル(約5800万円)だったという。

 アンユージュアルヒート産駒の10歳馬インフレームドは、現役時代は未勝利だったが、全兄にG2ラホヤハンデキャップ(現G3)勝ちのバーンズや、G1で3着の実績を持つ半兄ブラッシュバーンがいる血統。アンクルモー産駒のモーフォルツァは、昨秋からG2トワイライトダービー、G1ハリウッドダービー、G2マシスブラザーズマイルステークスと重賞を3連勝している。