JRAは26日、5月3日に京都競馬場にて行われるG1天皇賞(春)(芝3200m)に予備登録していた外国馬がすべて来日しないことを発表した。

 予備登録していたのは、フランスで清水裕夫調教師が管理するアンドルフィンのほか、豪G3クイーンエリザベスステークスを勝っているアイルランド調教馬のトゥルーセルフら3頭だった。