現地1日のG3ファンタジーステークスを制すなどアメリカで重賞2連勝中の3歳牝馬スイススカイダイバーが、英G1の1000ギニーに挑戦する可能性が浮上してきた。

 スイススカイダイバーはK.マクピーク厩舎のデアデビル産駒。3月のG2ガルフストリームパークオークスとファンタジーSを連勝している。一方、イギリスの競馬は新型コロナウイルスの影響で中断しているが、順調ならば今月後半には再開される可能性があり、その場合1000ギニーは6月初めに実施される予定だという。

 マクピーク調教師はイギリス遠征に実績があり、2004年にはG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスでハードバックが2着に入っている。同師は「スイススカイダイバーは英1000ギニーに登録するつもり」「レース間隔も5週間とちょうどいい」と話している。