昨年10月に行われれた芝レースとして世界最高賞金のジ・エベレスト(重賞未格付け、芝1200m)で僅差の2着と3着だったサンタアナレーンとトレッキングが現地8日、揃ってフレミントン競馬場でのジャンプアウトに臨んだ。

 800メートルを47秒03で走ったトレッキングがトップタイムをマーク。サンタアナレーンは6頭立ての5番手で入線した。

 サンタアナレーンは前々走のG1TJスミスステークスで2着、トレッキングは前走のG3ホールマークステークスで2着だった。今後は両馬とも現地16日のG1ザ・グッドウッドに出走を予定しており、サンタアナレーンは2番人気、トレッキングは3番人気となっている。