新型コロナウイルスの影響による開催延期を終えてレースを再開したドイツ競馬は、現地10日にホッペガルテン競馬場にてG3のDr.ブッシュメモリアルを実施。1番人気に推されていたルバイヤートが2着に3/4馬身差で勝利した。

 アレイオン産駒の3歳馬ルバイヤートは、昨年に伊G2グランクリテリウムを制するなど活躍し、2歳にしてドイツの年度代表馬に選出された。なお次走は6月1日にケルン競馬場で行われるG2独2000ギニーが有力視されている。