カナダで活躍する木村和士騎手が現地6月27日、ウッドバイン競馬場のG2ナッソーステークス(3歳以上牝馬、芝8ハロン)で1番人気のマラケーに騎乗。スタートを決めて中団に控えるも、先行した2頭を捕らえ切れず3着に敗れた。

 2番手追走の4番人気エリザベスウェイが逃げ粘る2番人気アナザータイムをクビ差捕らえて1着。勝ち馬の外から追いすがったマラケーは、アナザータイムにも3/4馬身及ばなかった。

 フランケル産駒の4歳馬エリザベスウェイは2歳11月にアイルランドでデビューするも、3歳11月まで5戦未勝利のままカナダのR.アットフィールド厩舎に移籍。今年1月19日の初戦で初勝利を挙げると、2月には米G3ザベリーワンステークスで重賞も制し、今回で2度目の重賞勝ちとした。