日本代表、出陣。ラグビーW杯日本大会開幕戦「日本×ロシア」プレビュー

日本代表、出陣。ラグビーW杯日本大会開幕戦「日本×ロシア」プレビュー

ついにこの日がやってきた。

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開催決定から10年。

世界ランキング10位の日本代表が、2019年9月20日(金)、開催国としてW杯初戦を迎える。

上位2チームが決勝トーナメントに進出できるプール戦(1次リーグ)は、参加20か国が5チームずつ4つのプールに分かれての総当たり戦となる。

9大会連続9回目のW杯となる日本は、ランキング1位のアイルランド代表などと同じプールAから、悲願のプール戦突破を目指している。

9月20日、東京スタジアムで対峙する初戦の相手は、ランキング20位のロシア代表だ。

ヨーロッパ予選は3位だったが、強豪ルーマニアやスペインが代表資格の規定違反により失格。2011年以来2度目のW杯出場を掴んだ。

日本はロシアと昨年11月に対戦しており、戦前予想に反して5点差(32−27)の辛勝。大柄な強力フォワード(FW)、司令塔10番のユーリ・クシナリョフやラミーリ・ガイシンの巧みなキックに苦しんだ。

しかし日本は昨年から一回りも二回りも大きくなっただろう。

2016年秋に誕生したジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)率いる「ジェイミー・ジャパン」は、今年は2月に代表候補合宿をスタート。

代表候補による特別チーム「ウルフパック」、南半球リーグ・スーパーラグビーに参加する「サンウルブズ」の2チームで強化し、約60人から42人に絞られた候補選手は、6月の過酷な宮崎合宿でスタミナなどを強化した。

31人の精鋭が参加した7月開幕の環太平洋6か国によるパシフィック・ネーションズカップ(PNC)では、8年ぶりの優勝。着実に成果を上げてきた。

上昇ムードで迎えたW杯直前の壮行試合、9月6日の南アフリカ代表戦は7−41で敗れたものの、2大会連続で日本代表キャプテンを務めるリーチマイケルは試合後、冷静にこう語っていた。

「このチームの修正力は高いので、十分時間はあると思います。W杯前に南アフリカとやって本当に良かったです」

世界が注目し、日本各地でパブリックビューイングも予定されている開幕戦。自身初のW杯となる日本代表のジョセフHCが意気込みを語った。

「ベスト8に入ることが我々の目標であり、過去ジャパンが達成していないことを達成したい。前回のW杯でも非常にいい1次リーグ戦だったが、その中でもベスト8には進出できなかったので、常に8強に入ることが目標だ」

「たどり着くためには、まずロシア戦でいい試合をして勝つこと。今週はロシア戦にフォーカスしている」

昨年のロシア戦で先発10番を任されていた松田力也は、ロシア戦へ向けて「スピードにフォーカスして、試合で出せるようにしている」と明かした。大柄な強力FWをスピードで振り回し、試合を有利に進めたい。

もちろんロシアの指揮官、リン・ジョーンズHCは、日本の強みを理解している。

「われわれはかなりプレッシャーを受けるだろう。ゲームは肉弾戦、かつ速い展開になると予想している」

「日本はスピードを生かそうとするので、われわれにとっては集中力が鍵だ。ゲーム中はともかく集中力を切らさないことだ。アウェーのプレッシャーに負けず、試合後のことなど気にしないでいく」

原稿執筆時点で出場メンバーは未定だが、怪我明けのHO(フッカー)堀江翔太、FL/NO8姫野和樹の出場も予想される。リーチ主将を筆頭にセットピース(スクラムとラインアウト)を安定させ、堅固な土台を築きたい。

司令塔とも呼ばれるSO(スタンドオフ)は田村優の先発が予想される。的確な判断によるパス、キックで得点機を呼び込む。

注目はWTB(ウイング)とFB(フルバック)のメンバーだろう。エースのWTB福岡堅樹は南アフリカ戦で右ふくらはぎを負傷し、開幕戦は回避見込み。

南アフリカ戦ではキック処理に課題を残した。ロシアはクシナリョフ、ガイシンというキックが得意な10番を擁しており、日本のバックスリーは警戒が必要だろう。

ジャパンが誇る精緻なスクラムは、南アフリカ戦で強みを発揮。ただロシアは相手1番のPR(プロップ)ヴァレリー・モロゾフが強烈。

3番のPRウラジミール・ポドレゾフは昨年の対戦で、劣勢時に故意にスクラムを崩していた。反則を見るナイジェル・オーウェンス レフリーとのコミュニケーションも重要になるだろう。

ロシアを格下と見る向きもあるが、参加20か国が死力を尽くす4年に1度の世界最強決定戦で、楽な試合はひとつもないはずだ。

リーチ主将は開幕戦へ向けて気を引き締めている。

「(初戦の相手)ロシアを非常にリスペクトしている。フィジカルにすごく自信があるし、強いバックスも多くセットプレーも強い」

「フィジカルで負けてはいけないが、それよりメンタルの部分。相手はこの試合に100%をかけてベストの状態でやってくる。ずっと前から言っているが、(プール戦)4試合の中で、一番きつい試合になる」

運命のキックオフは19時45分だ。多くの期待を背に受けて、勇敢な桜の戦士たちが走り出す。

文:多羅 正崇


関連記事

J SPORTSの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索