スケジュールはできるかぎり選手ファーストで──。再考の余地はある

スケジュールはできるかぎり選手ファーストで──。再考の余地はある

さぁ、チャンピオンズリーグが始まった。

今シーズンのテーマはリヴァプールの連覇なるか。開幕節でナポリに敗れたとはいえ、完成度は参加32チームで最高だ。ジェイムズ・ミルナー、ジョーダン・ヘンダーソン、フィルジル・ファンダイクと、ロッカールームをまとめられる選手が3人もいるため、多少のことではグラつかないだろう。

マンチェスター・シティはセンターバックが壊滅状態だ。バルセロナは相変わらずリオネル・メッシ依存が高すぎる。レアル・マドリーは明確なゲームプランを持たず、パリ・サンジェルマンは毎シーズンのようにバラバラだ。リヴァプールの優位は動かしがたい。

さて、ヨーロッパリーグの開幕も迫ってきた。セビージャ、FCポルト、スポルティング、ラツィオ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、ローマなど、本来であればチャンピオンズリーグで闘うべき強豪が参戦しているため、興味深いコンペティションではある。

しかし、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグともに、プレミアリーグ勢は国内の支援が得られない。他国は国内リーグのスケジュールを調整し、「ヨーロッパでも勝ってくれ」とサポートするが、プレミアリーグだけは頑なだ。それはそれ、これはこれ──。何が起きてもスケジュールを調整せず、監督たちの不評を買っている。

「ヨーロッパのコンペティションに出場しているチームに配慮したスケジュールを」

リヴァプールのユルゲン・クロップが、シティのジョゼップ・グアルディオラが、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノが訴えても、つねに〈スルー〉だ。事前に決めたスケジュールに従えばいい、というスタンスに徹している。

シティはウクライナ(シャフタール)やクロアチア(ディナモ・ザグレブ)に飛ばなくてはならい。ユナイテッドはセルビア(パルチザン)とカザフスタン(アスタナ)だ。とくにシティはD・ザグレブ戦(12月11日)の4日前がマンチェスター・ダービー(ホーム)、3日後がアウェーのアーセナル戦だ。地力で上まわっているとはいえ、アイメリク・ラポルト不在のセンターバックをやり繰りするには、なかなか難しいスケジュールだ。なお、4節のブライトン戦で膝を痛めたラポルトの復帰は、早くて来年2月初旬と伝えられている。

プレミアリーグの上層部は「われわれこそが世界一のリーグ」と胸を張る。その自信はつねに持っているべきだが、監督たちの悲鳴(前述)はもっともだ。昨シーズンはチャンピオンズリーグ決勝がリヴァプール対トッテナム、ヨーロッパリーグ決勝もチェルシー対アーセナルと、厳しいスケジュールを乗り切ったプレミアリーグ勢がヨーロッパを独占したといっても、現行のままでノープロブレムというわけではない。

他国のやり方を検討し、再考する余地はある。スケジュールは、できるかぎり選手ファーストで──。

文:粕谷秀樹


関連記事

J SPORTSの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索