開幕連勝が4で途絶えた同志社大学、今週末は全勝の天理大学と対戦。ラグビー関西大学リーグ

開幕連勝が4で途絶えた同志社大学、今週末は全勝の天理大学と対戦。ラグビー関西大学リーグ

11月10日に神戸総合運動公園ユニバー記念球技場で行われた、2019ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第5節、同志社大学vs.京都産業大学。前日の結果を受け、大学選手権出場は確定していたものの、19-27で敗北。開幕からの連勝は4でストップした。

前半の試合展開は異様であった。序盤からスクラムに時間を多く取られ、試合が進まない。ラグビーの醍醐味である「展開」が全く見られなかった。

FW(フォワード)に定評のある京産大に対し、前半4分、同志社のファーストスクラムでスクラムホイール。京産大の武器をいきなり破壊したように思えた。

だが5分、同志社のノックオンから組まれた自陣22mライン手前のスクラム。何度も組み直され、同志社はアーリープッシュの判定を受ける。

再び組み直すもペナルティを取られ、京産大はショットを選択。先制のPG(ペナルティゴール)を献上し、0-3とリードされる。ノックオンから得点に至るまで約5分間スクラムが続く、奇妙な時間であった。

16分、またもや起こった。自陣10m付近から右サイドへ展開していくもSO(スタンドオフ)田村(スポ2)がノックオン。京産大スクラムになると、やり直しで時間が経過していく。再びペナルティを献上し、同20分にPGを決められ、0-6と点差を離された。

FW勝負の中、真っ向勝負をするも反則を誘われ、ミスを連発。BK(バックス)を走らせるプレーができず歯痒い展開が続く。京産大のシナリオ通りに試合が進められていた。

それでも26分、ラックからボールを受けたBK陣が見せた。CTB(センター)和田(文情2)とWTB(ウィング)山口(社2)が敵陣へとボールを運ぶ。

右サイド大外のFB(フルバック)原田(心理4)へ配球され、タックルに捕まりながらも内側に切り込んできた和田へオフロードでつなぎ、約40mを力強いランで独走。ポスト中央にグラウンディング、原田のコンバージョンも決まり7-6と逆転。

しかしその5分後、同志社のオフサイドから自陣にてラインアウトモールを形成される。モールディフェンスで動きを止めると、京産大は右サイドへと振る。田村がタックルで止めるもオフロードでつながれ、防御網を突破。トライを許した(7-13)。

前半をリードして折り返したかった同志社。果敢に敵陣へ侵入するも、完全にマークされていた山口に対し集散の早い京産大。追加点を奪えないまま、前半が終了した。

後半に入り5分、同志社お得意のパターン、ゴール前のラインアウトモールから左端にHO(フッカー)橋本(商4)がトライ。コンバージョンは外れるも12-13と追い上げを見せる。京産大はシンビンで1人が退場。流れを掴むにはここしかなかった。

しかし、同志社のスローフォワードで自陣22m付近にて相手ボールスクラムになる。スクラムで押されペナルティを与えながら、ディフェンス裏にグラバーキックを飛ばされ中央に被トライ(12-20)。

数的有利の中、京産大のFW陣に圧倒されての失点は、この試合決定づけるトライだったのかもしれない。

その4分後も右隅にトライを献上するも、18分、HO奥田(文情4)が敵陣22mラインを超えると途中出場のCTB古城(スポ4)、FL(フランカー)弓削(社4)、原田と順目に展開し、最後に受けた和田が2本目のトライ。19-27と食らいつく。

そして24分、敵陣22m手前でオーバーザトップを誘う。ラインアウトモールでトライを狙いに行くか、ペナルティゴールで確実に3点を奪うか、究極の選択を迫られる。

8点ビハインドの場面でショットを選択しておけば5点差。だが、ラインアウトモールが通用すると信じて同志社は5点を奪いにいった。

しかしここで決めきることができなかった同志社。そのまま京産大がボールを守り抜き、ノーサイドとなった。

3年ぶりの5連勝にはならなかったものの、試合前日の結果を受け同志社の選手権出場は確定した。しかし、試合内容は満足にいくものではなかった。

特に前半はスクラムに時間をとられ、思うようなプレーをできず、ペナルティを献上。「セットプレーからの流れが多かったのでFWに取り切って欲しい所だった」(萩井監督)。大型FWを有する京産大に終始セットプレーの主導権を握られてしまった。

また、後半24分のプレー選択。まずは確実に3点を奪い返すことが賢明であっただろう。「スコアマネジメントの面から見直さなければいけないと思った」(古城)。接戦の試合だからこそ、冷静な判断力が求められる。

リーグは残り2戦。下を向く選手など1人もいない。主将山本を先頭に目指すは日本一だ。同志社フィフティーンの挑戦はまだまだこれからだ。

文:川田翼/写真:上野孝輔、内藤界(同志社スポーツアトム)

◆関西大学リーグ順位 ※4位までが大学選手権出場
1位 天理大学 5勝0敗
2位 京都産業 4勝1敗
3位 同志社大 4勝1敗
4位 関西学院 3勝2敗
*****
5位 近畿大学 2勝3敗
6位 大阪体育 1勝4敗
7位 立命館大 1勝4敗
8位 摂南大学 0勝5敗

◆関西大学リーグ 同志社大学 試合日程
・11月17日(日)午後2:00 同志社大学 vs. 天理大学 皇子山
・11月30日(土)午後0:00 同志社大学 vs. 立命館大学 西京極


関連記事

J SPORTSの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る