5月1日付アス紙によると、「マジョルカの練習場は練習再開に向け準備している」と記事を掲載した。「練習場内の10のロッカールーム、ジム、食堂などのすべての施設の消毒作業をし、練習再開に向けて備える」としている。

この記事を担当しているマジョルカのガブリエル・フォルテサ記者によると、「今月4日、5日に選手へコロナウィルスのテストをし、5日、6日、7日あたりから徐々に練習再開という流れになるだろう。時間割を決めて、1回に2人組等で練習じゃないかな」と安堵した。久保建英が練習場に現れる日は近い。

バルセロナ日本国総領事館によると、スペインペドロ・サンチェス首相は28日規制緩和プランを発表。プロスポーツ選手もこれに準ずる。規制緩和は4段階に分けられており、一般的に居住地及び目的地の双方がこの4段階をクリアした状態に至るまで、居住県外への移動は原則的にできない。プロスポーツに言及すると、第一段階では5月4日から、プロスポーツチームの軽いトレーニングを許可。第二段階は5月11日より、プロスポーツ活動を許可とある。第三段階は5月25日より、屋内50人未満、屋外400人未満の興行を許可とあるが、リーグ戦の観客数には程遠い。最終段階は6月8日より、柔軟かつ一般的な移動、ただし屋外及び公共交通機関におけるマスクの使用を推奨する。

第一段階で基準をクリアした地域は第二段階へ移行。各段階での移行の原則は、最低2週間継続。段階の進展、後退に関しては、県、島ごとに保健大臣が決定することとある。

このようにすべて政府に規制、管理されているため、リーグ再開は観客ありなしにもよるが、最低でも1ヶ月ほど先であろう。11試合を残すリーグ戦に関しては中止の発表も、再開の発表もない。同じく1日付アス紙によるとハビエル・テベスラ・リーガ会長はフランスリーグ中止の決定に触れ、「フランスでの急いだ感のある決定は、見習うべき例ではない」と、現時点では中止の意思もない。

とはいえ、マジョルカのあるバレアレス州では、4月30日のPCR検査による感染者数累計は1883人、前日比+4人、0.2%増と相対的に落ち着いている。人々の健康の上にすべてが成り立つことを忘れてはならない。

文:J SPORTS編集部