群馬のソウル弁当「登利平の鳥めし」 夜のオフィスで、じっくり食べてみた

群馬県民に愛されている弁当がある。登利平(とりへい)の「上州御用鳥めし」だ。人気バラエティー番組「カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW」でも度々紹介されている、群馬のソウルフードと言える存在だ。

鳥めし(以下、Jタウンネット撮影)

登利平は群馬県の28店舗をはじめ、埼玉県に3店舗、栃木県に1店舗を展開している。かねてより、その存在が気になっていたJタウンネット記者。東京在住のため、なかなか出会えなかったが、ついに「鳥めし」を入手できたので食べてみた。

オーソドックスな「竹」か、欲張って「松」か

今回記者は、アズ熊谷店(埼玉県熊谷市)で、弁当をテイクアウトしてきた。薄切り鶏肉を使用したオーソドックスな「竹」(710円)も捨てがたいが、今回は欲張って、ムネ肉とモモ肉の両方を楽しめる「松」(820円)にしよう。

旅情を誘う包装紙

同僚たちが帰ったあと、ひとり静まるオフィスで食べてみた。風格ある包装紙を開くと、これまた上品な容器が。旅情をかきたてられる。いい弁当特有の「白いビニールに包まれた割りばし」も、また一興。ていねいに輪ゴムをはずし、いざご対面だ。

すぐ開けたくなる玉手箱

まずは、薄切り肉から食べてみよう。群馬県民によるネットの感想では、「鳥めしといえば『竹』」、「『竹』の方が好き」など、こちら肉の方が好まれているようだ。肉そのものはさっぱりしているが、タレご飯とあわせるとちょうどいい。たしかにうまい。

王道の薄切りムネ肉

プシュッ! もう誰もいないからと、コンビニでビールを買ってきてしまった。時刻は21時。まろやかなタレと、にがいシュワシュワが調和して、1日の疲れを取ってくれる。「疲れを鳥めし......なんてね」などと、くだらないギャグを口にしても、誰も聞いていないから気にする必要はない。

タレの染みこんだご飯(右下はモモ肉)

あくまで個人の感想だが、ごはんのおともはムネ肉だが、ビールにあわせるならモモ肉。一折で食事としても、つまみとしても楽しめるので、「松」を選んで正解だった。今回はテイクアウトしたが、店舗によっては店内でも味わえる。群馬へ行くときの楽しみが、ひとつ増えた記者だった。

関連記事

おすすめ情報

Jタウンネットの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

群馬のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索