江東区vs大田区の「領土問題」めぐり、「東京24区にすれば」とのアイデアも

東京湾埋め立て地を巡る江東区と大田区の争いで、東京都が提示した調停案に大田区が強く反発し、訴訟の可能性が報じられている。

ネット上では、調停案に同意する声が多いが、意表を突くアイデアも出て......。

大田区は「受け入れられない」と強く反発

歩道は雑草が伸び放題、内陸部は森のような木々が生い茂り、まるで東京の辺境のよう――こんな土地が争いのターゲットだ。

東京湾埋め立て地の「中央防波堤」

この「中央防波堤」は、ゴミの埋め立てが1973年から行われ、広さは約500ヘクタールある。2つの人工島から成っており、それぞれ外側埋め立て地と内側埋め立て地と呼ばれている。

埋め立て地を巡っては、江東区は、ゴミが区内を通って運ばれたことなどから、大田区は、かつて区内の漁協がノリ養殖をしていたことなどから、それぞれ領有権を主張して対立してきた。

それが解決に向けて動き出したのは、2020年東京五輪のボート・カヌー会場として「海の森水上競技場」が中央防波堤内に新設されることになってから。両区が五輪までの解決を目指して2017年7月に東京都に調停を申請し、これに対し、都は10月16日、両区に調停案を提示した。

内容は、埋め立て地のうち、江東区が海の森水上競技場を含む約86%、大田区がコンテナ埠頭のある約14%を取得とするものだ。両区の護岸からの等距離線を基準に分割するなどしてこの割合を出した。

江東区の山崎孝明区長はこの日、都の調停案について「高く評価を致します」と会見で話して受け入れる考えを示した。「多い少ないということではなくてですね、中立的な、また合理的な判断」だとしている。

これに対し、大田区の松原忠義区長は会見で、区の領域が少なくなったことなどに不満を示し、「72万区民を代表する大田区長として、これを受け入れることはできません」と強く反発した。

「24区目を作ってしまってもいい」

松原区長は10月16日、受け入れを拒否する議案を大田区議会に提出し、区議会の総務財政委員会は翌17日、全会一致で可決した。近く開かれる区議会臨時会でも可決の見込みだ。

今後は、都知事による裁定が行われる可能性があり、それも不調に終われば、訴訟にまでもつれ込みそうだ。

ツイッターなどの反応を見ると、ゴミ問題を重くみる向きが多く、江東区を支持する声が相次いでいる。「今までゴミ処理でどの区も江東区に世話になっているでしょ?大田区わがままだなぁ...」「今までの経緯を考えれば今回の判断は妥当なのでは」といったものだ。

もっとも、「大田区の領海だった所に乗り込んできて、埋め立てて江東区の土地とは許せん」などと大田区の主張に理解を示す声もあった。

一方、「訴訟して法で決めた方がいい」といった声や、調停案とはまったく違うアイデアも出た。「港区台場も絡めて、臨海部は24番目の区として独立させれば?」「埋め立て地は特別区を作ってしまってもいい」との意見で、タレントのマツコ・デラックスさん(44)も、TOKYO MXテレビ「5時に夢中!」で16日、お台場も含めて24区目を作ればいいと提唱していた。

おすすめ情報

Jタウンネットの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索