「雪に弱い」日暮里・舎人ライナー、早くも...

関東甲信地方を中心に2018年1月22日午前から雪が降り、東京都内などに大雪警報が発表された。

国土交通省が「不要不急の外出」を控えるよう発表し、帰宅ラッシュが降雪のピークとされているなか、早くも「雪害」により運転を見合わせた路線がある。東京の北東部、日暮里(荒川区)と見沼代親水公園(足立区)をむすぶ「日暮里・舎人(にっぽり・とねり)ライナー」だ。

「足立小台駅で発生した雪害」によるもの

東京都交通局の公式ツイッターによると、1月22日14時17分ごろ、足立小台駅にて雪害が発生し、一時運転を見合わせた。14時37分に全線で運転を再開し、14時40分現在は「遅れが発生」していると投稿された。その後、このアカウントからは、

「全線で運転を見合わせています」(14時55分)
「降雪のため、列車に運休と遅れが発生」(15時41分)
「全線で運転を見合わせています」(15時55分)

などとツイートされている。

【01月22日 14時40分】日暮里・舎人ライナーは、14時17分頃に足立小台駅で発生した雪害のため運転を見合わせていましたが、14時37分に全線で運転を再開し、現在、遅れが発生しています。 #都営交通運行情報
- 東京都交通局 (@toeikotsu) 2018年1月22日

【01月22日 14時55分】日暮里。舎人ライナーは、14時17分頃に足立小台駅で発生した雪害のため、全線で運転を見合わせています。 #都営交通運行情報
- 東京都交通局 (@toeikotsu) 2018年1月22日

【01月22日 15時41分】日暮里。舎人ライナーは、降雪のため、列車に運休と遅れが発生しています。
#都営交通運行情報
- 東京都交通局 (@toeikotsu) 2018年1月22日

【01月22日 15時55分】日暮里。舎人ライナーは、14時17分頃に足立小台駅で発生した雪害のため、全線で運転を見合わせています。 #都営交通運行情報
- 東京都交通局 (@toeikotsu) 2018年1月22日

これを受けて、ツイッターでは、利用者などから「早速やられたか」「台風には強いけど雪にはめっちゃ弱い」といったつぶやきが出ている。

日暮里舎人ライナーが早速やられたか...
- みそさくら@でーるくん (@__Miso__Sakura) 2018年1月22日

舎人ライナーは台風には強いけど雪にはめっちゃ弱いのよね
- 猫森 (@viluru_) 2018年1月22日

日暮里・舎人ライナーが止まったらしい
- 御茶ノ水学士@修士になりたい (@sirius5135) 2018年1月22日

どうして雪に弱いのか

舎人ライナーは、以前から「雪に弱い」と言われている。たとえば13年1月14日の大雪では、翌朝には首都圏の鉄道が通常運行に戻っていたが、舎人ライナーのみが11時まで全線運転再開できなかった。湾岸部を走る「ゆりかもめ」と同じく、車輪にゴムタイヤを使用している「新交通システム」だが、この日、ゆりかもめはほぼ平常通りに走っていた。

Jタウンネットの姉妹サイト「J-CASTニュース」は、当時(13年1月15日)の記事で、こう説明していた。

「交通局では、『ゆりかもめ』との違いが出た背景として、『地域的な問題』を挙げている。具体的には、(1)埼玉県に近い内陸部を走っている(2)川を渡るところもある(3)強い風が吹くところもある、という理由で、ゆりかもめよりも気温が下がって軌道が凍結しやすいという説明だ。舎人ライナーは荒川と隅田川の2つの川を渡っている。ただし、『ゆりかもめ』もレインボーブリッジを渡っており、同様に軌道が凍結しやすい環境にあったとの見方もできる」


おすすめ情報

Jタウンネットの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索