西都市長はなぜ、チョイワル風に「ふるさと納税」をアピールするのか【インタビュー】

上の写真をご覧いただきたい。左手で上着を肩にかけ、右手に持ったカラーピーマンを眺める、一見「チョイワル」風なオヤジ......彼はいったい誰だろう?

実は、宮崎県西都(さいと)市の押川修一郎市長だ。西都市が、ふるさと納税者に返礼品と一緒に送る無料冊子「SAITO de KNIGHT(さいとでないと)」(2017年8月発行)の表紙モデルとして登場している。

西都市と聞いて、「あ、あそこね」とすぐに分かる人はけっして多くないかもしれない。宮崎県のほぼ中央部、宮崎市のすぐ北に位置しており、日本最大級の古墳群「西都原(さいとばる)古墳群」で知られている。生産量日本一のピーマンやマンゴー、黒毛和牛など、農畜産業の盛んな土地だ。

Jタウンネットは、電話による押川市長インタビューを試みた。テーマは、西都市の「ふるさと納税」だ。

古墳時代から肥沃な土地で、安全で安心な農作物が育つ

冊子「SAITO de KNIGHT(さいとでないと)」(2017年8月発行)表紙 冊子「SAITO de KNIGHT(さいとでないと)」(2017年8月発行)表紙

――冊子「さいとdeないと」の表紙に登場した感想、その反応はいかがでしたか?

押川市長 西都市情報誌の創刊号の顔になったということで、非常に誇りに思います。今までにない経験で撮影中は緊張もしましたが、周りの評判は上々でした。

――小冊子「さいとdeないと」の目的、成果について、どうお考えですか?

押川市長 当初は納税してくださった方に配布する目的で作りましたが、官民協働のシティプロモーションメディアということで取り組んでおり、WEB版とともに西都市の総合的な情報発信、そしてPRのツールと捉えています。ただ、まだまだ知られていないのが現状ですので、こうして取り上げていただくことで、成果も見えてくると思っています。

――西都市の魅力について、市長はどうお考えですか?

押川市長 西都市には300を超える古墳があり、「西都原古墳群」と呼ばれています。つまり4〜5世紀頃から、人が住み、生活していた肥沃な土地で、安全で安心な農作物が収穫されていたところです。それは、現代にも受け継がれています。ここで育った、マンゴーやピーマン、きゅうりやニラなどの農産物、畜産物を、「ふるさと納税」の返礼品としてお届けできることは、私たちの誇りだと思います。

――「ふるさと納税」返礼品ランキングについてお教えください。ベスト5については、なぜ人気が高いか?コメントをお願いします。

押川市長 ベスト5は、1位「家庭用完熟マンゴー」、2位「この華牛切り落とし」、3位「有田牛デカ盛り」、4位「有田牛特上ロース」、5位「マンゴー太陽のたまご」です。マンゴーと牛肉が上位を占めました。とくに完熟マンゴーの発祥は西都市ですので、根強い人気です。今まさに旬で、8月中旬ころまでが食べごろなので、お申込みはお早めに。また、有田牛のデカ盛りはお得ということで、大変人気がありました。期間限定ものや増量シリーズはおトク感があって人気です。

――今後伸びそうな返礼品、開発中の返礼品について、お教えください。

押川市長 西都市のスイートコーン「ゴールドラッシュ」は甘くておいしいと評判ですよ。今まさに旬です。スイートコーンをたっぷり使ったコーンポタージュスープや、地元の妻地鶏と福岡のやまやさんの明太子をコラボした手羽明太とか、西都市の食推進協議会で開発したベジバス(新鮮野菜のピクルス)もふるさと納税返礼品のラインナップを目指しています。

――「ふるさと納税」寄附金額が平成27(2015)年度から急増していますが、その要因は何とお考えですか?

押川市長 納税者の増加、各市町村のPRの過熱化もありますが、その中で「西都市」をより多くの納税者の方に選んでいただけたんじゃないかと思います。

――西都市の歳入の中で、「ふるさと納税」寄附金が占める割合、重要性について教えてください。

押川市長 ふるさと納税は自主財源の約1割を占めており、非常に貴重な財源です。これを増やすことにより、市の財政も潤いますので、自ずと市独自の様々な事業に取り組め、結果行政サービスの向上につながると考えております。既存の事業だけでなく、職員提案事業にも着手できております。

――ふるさと納税者の実態、プロフィールの分析は?

押川市長 年齢までは出しておりませんが、地域・金額に関しては行っており、関東圏が圧倒的に多く、納税金額については1万円が主流です。

――ふるさと納税者からの反応、コメントは?

押川市長 納税申込みの際のコメント欄に、「応援しています」「いいものがたくさんあるからもっとPRしてください」「福祉に役立ててください」等々、応援や温かいメッセージを多く頂いております。もっと頑張って盛り上げていきたいと思っております。

冊子「SAITO de KNIGHT(さいとでないと)」(年4回発行)既刊号は4冊。表紙モデルは市長以下、西都市役所の職員、副市長らだ 冊子「SAITO de KNIGHT(さいとでないと)」(年4回発行)既刊号は4冊。表紙モデルは市長以下、西都市役所の職員、副市長らだ

関連記事

おすすめ情報

Jタウンネットの他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

宮崎 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索