おそらく日本唯一! 羽田空港に「ラテアート」が楽しめる自販機があった

ツイッターやインスタグラムで流行している「ラテアート」。ほんの短い時間だけ楽しめるオシャレな芸術だ。

よーじやの自販機ラテアート

人の手が作る見事や作品たちが世の中には多数あるが、羽田空港にはなんと、自販機がラテアートを作ってしまう場所があるという。

しっかりと顔の形になっている

2019年3月15日、Jタウンネット編集部は羽田空港に向かった。自販機ラテアートがあるのは国内線第2ターミナルの地下だという。

よーじや羽田空港第2ターミナル店

事前に得た情報を基にたどり着いたのは、あぶらとり紙で知られる「よーじや羽田空港第2ターミナル店」だ。

京都の老舗コスメショップであるが、「よーじゃカフェ」という喫茶店も展開。羽田空港第1ターミナルにも店舗がある。そこで提供される抹茶のラテアートはよく知られた存在だが、もちろん自販機ではなく店員さんが作ってくれるものだ。

ラテアートが作られる自販機

だが、ここは違う。売り場の隣にちょっとしたカフェスペースがあり、そこに置かれた自販機には堂々と「ラテアートを1杯!」の文字がある。

カプチーノの欄には有名なよーじやのイラストがプリントされている。自販機からこんなものが出てくるのか。いくら何でも自販機技術がそこまで進歩しているはずがない。この時、筆者は完全に疑っていた。

騙されたと思って250円を投入し、購入した。

そんな馬鹿な――あのイラストがちゃんとカップに描かれているではないか。疑っていた筆者を嘲笑うかのような出来栄えのラテアートだ。

流石に人間の手で作られたものよりもクオリティは下がるものの、機械だけでここまでの完成度とはCOOL JAPANとしか言いようがない。

自販機ラテアート

あまりの衝撃に不審者のようにいろんな角度から見てしまう。かき混ぜるのが勿体なくて飲み始められないのは通常のラテアートなんら変わらない。

カップもよーじや仕様

店員さんに聞くと、日本でここだけだという自販機ラテアート。もしかしたら今後、高速道路のパーキングエリアなどでも簡単に楽しめる日が来るかもしれない。

人の手ではないので、混ぜるときの罪悪感は少し和らぎます


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Jタウンネットの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索