西宮の街から「大関の大看板」が消える 5月中に解体、半世紀の歴史に幕

「ワンカップ大関」で知られる酒造メーカーの大関(兵庫県西宮市)。その本社工場の看板が解体されることが決まった。大関の担当者によると、2019年5月中には解体作業を終える予定だという。

本社工場の大看板(写真は大関のフェイスブックより)

1968年(昭和43年)に建てられた看板は平成を越え、令和で姿を消すことになった。今津郷のシンボルとの別れにインターネット上では惜しむ声が寄せられている。

ヨットマンが目印にして帰還した逸話も

日本を代表する酒どころである灘五郷の今津郷にある大関の本社工場。ここに建てられた大看板は工場に訪れる際の目印だけでなく、今津郷のシンボルとしても知られている。

非常に大きい看板のため、大関のFacebook(フェイスブック)によると海上のヨットマンが目印にして帰還したという逸話も残っているという。

解体が伝えられたのは2019年4月19日、フェイスブックの投稿だった。

「昨年の台風21号による被害と老朽化が重なり、市の条例により新設ができない事から、誠に残念ながら、この大関の看板が解体される事になりました」

足場が設置され解体に向けて準備が進む(写真は大関のフェイスブックより)

灘五郷の東の入り口のシンボルがなくなる。コメント欄には多くの惜しむ声が寄せられた。

「それは残念ですねー。身近に有ったので、凄く複雑な気持ちです、なんとかならないのですかね」
「今津のランドマーク的存在が無くなるとは寂しいですね」
「幼い頃から見ていた看板が無くなるのですね。残念です。そして、長い間お疲れでした!」

24日、Jタウンネット撮影部が大関の担当者に話を聞いた。

近畿地方に大きな被害を出した18年の台風21号の影響に加え、設置から半世紀が経ち鉄骨の腐食が進んでいた。加えて市の条例にも不適合であったことも要因になった。

少し前から解体について議論が進められていたという。その中でネット上と同じく惜しむ声や修理保全の選択肢もあったが、

「条例の中で認められない以上は致し方ない」

と解体に踏み切った。

13日から準備に入り、写真にもある足場が出来上がっていった。いざ無くなるのが目前に迫るとやはり寂しさがあるようだ。

「今までずっとあった、空気のように当たり前の存在。なくなると寂しい」

一方で新しく、条例にも適合した看板の設置についても検討している。場所についても未定であるが、新たに今津郷を見守る顔が誕生する可能性もある。

50年以上の間、地域に根付き、愛された大看板。2つの元号で活躍し、令和最初の月で別れを告げる。


関連記事

おすすめ情報

Jタウンネットの他の記事もみる

関西の主要なニュース

兵庫 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索