「天ぷらうどん・そばん」 とある飲食店で見つけた誤字が悔しいけど笑っちゃう

2019年10月8日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。

こういうのに弱い pic.twitter.com/pC5C89Jn1z
- したまつげサーチャーワタル (@healandkiss) 2019年10月8日

写真は食券の販売機のようだ。なんともレトロな、昭和な香りが漂っている。投稿者は「こういうのに弱い」とコメントしているが......。その訳は?

読者も既にお気づきだろう。

下の列の真ん中、「天ぷらうどん・そばん」と記されているのだ。「そばん」に気付いて、クスリとした人、大笑いした人が続出している。投稿への「いいね」は3万8000を超えている(9日13時現在)。

こういった笑える誤植、表記ミスに弱いのは、けっして投稿者だけではなかったようだ。

ツイッターには、さまざまな突っ込み、ボケが入り乱れ、大騒ぎというか大喜利状態になっている。いったいどんな風に盛り上がっているか、というと......。

「宇宙刑事ソバン!」

したまつげサーチャーワタルさん(@healandkiss)のツイートより

「そばん」に触発されて、まず大喜びだっだのは、昭和の子どもたちだ。

1982年から83年に放映された特撮ヒーローTV番組「宇宙刑事ギャバン」を思い出してしまった。当時の少年たちを夢中にしたのは、「ウルトラシリーズ」「仮面ライダーシリーズ」に続く「宇宙刑事シリーズ」の登場だった。

「そばんwwwww」
「ギャバン シャリバン そばん」
「宇宙刑事ソバン!」

「ギャバン」に続いて、「シャリバン」も現れ、当時は語尾に「ン」をつけるのが流行りだったようだ。

90年代には、日清焼きそば「U.F.O.」のTVCMに、「UFO仮面ヤキソバン」が登場し、ヤキソバンを演じたマイケル富岡が大人気となった。「そばん」と聞いて、「ヤキソバン」まで連想してしまう、令和のおじさんたちが実に嬉しそうだ。

ところで一方、こんな声も寄せられている。

「いやん、ばかん」
「みそ汁ん...www」

笑点で言えば、木久扇さんみたいな人がどこにも必ずいるものだ。やたら語尾に「ん」を付けて、喜んでいる。困ったものだが、ちょっとおもしろいから、座布団一枚......!

また、その値段に注目する人もいた。

「いや。安すぎだろどこだよこれ」
「そばんも気になるけど、安さに驚いた」
「社員食堂?」
「古き良き社食価格。 たぬき表記なら天かすしか入ってないやつですねw」

たしかに、天ぷらうどんが190円は安すぎる。どこですかと投稿者に聞こうと思ったら、撮影場所についてはお伝えできないということだった。

残念だが、これを見た人たちに殺到されても困るだろうから、仕方ない。読者の皆様、きっと、あなたのそばんよ。


関連記事

おすすめ情報

Jタウンネットの他の記事もみる

あわせて読む

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索