「WEGOダイバーシティ東京プラザ店」(本社ウィゴー・東京都)が、公式ツイッターで「大蛇みたいなウンコ出た」という投稿をリツイートしたことについて、2019年12月9日、「多くの皆様にご迷惑をお掛けしました事を深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

WEGOダイバーシティ東京プラザ店の謝罪ツイート

ダイバーシティ東京プラザ店のフォロワーは2000人(9日夕現在)。まさかの投稿を拡散されてしまったツイッターユーザーは、

「東京プラザ店にウンコツイートRTされたんだけどこれ絶対ミスだよね!?普通の告知用アカウントじゃん!!!!」
「化粧落としながら泣いてる」
「限界オタクのウンコ情報が約2000人の若者の前に晒されてしまった」

などと悲痛な叫びを連投している。

拡散されたツイートには、「めっちゃ笑いました」「腹抱えて笑った」といった反応が。

いったい、よりにもよってなぜこんな投稿をリツイートしてしまったのだろうか。JタウンネットがWEGO本社に取材した。

「乗っ取り」の可能性も?

WEGOダイバーシティ東京プラザ店の公式ツイッターは9日、

「12月8日、当社と関連性のない情報が発信され、多くの皆様にご迷惑をお掛けしました事を深くお詫び申し上げます。今後、このような事を繰り返さぬよう取り組んで参りますので、引き続きご支援、ご指導賜りますようお願い申し上げます。WEGOダイバーシティ東京プラザ店 スタッフ一同」

とお詫びした。

この謝罪ツイートについて、WEGO広報担当者は10日のJタウンネットの取材に、「大蛇みたいなウンコ出た」という投稿をリツイートしたことは事実で、それに対する謝罪の投稿だと認めた。

リツイートした理由を問うと、決して意図的ではないと口を開いた。

「店舗側にも確認致しました。(ダイバーシティ東京プラザ店が)謝罪をしたリプライ欄には(リツイートをした時の画像を挙げながら)『確信犯』』といったような意味合いの言葉が見受けられますが、こちらとしては『意図的にリツイートした』のかどうかも、わかりかねています。乗っ取りなのかどうかも、まだわかりかねます」(広報担当者)

原因は不明だとしても、乗っ取りの可能性は高いと話す。そして今後はセキュリティ面を強化していくそうだ。

「こういった行為が勝手に操作されていた点について、現スタッフがリツイートした事実は、確認したところありませんでした。乗っ取りなどの可能性が高いということで、今後こういったことがないように、セキュリティ面を強化していきます」(広報担当者)

広報担当者は、改めて「大蛇みたいなウンコ出た」という他人の投稿をリツイートしてしまったことに関して、次のようにコメントした。

「ツイッターでいつも商品を見ていただいているお客様に向けて、不快になられた方がいらっしゃるならば、と思って謝罪いたしました」