「どうして、私が薬品を購入して散布するのですかね...」

鹿児島県に住むGさん(60代男性)は、近所で飼われている猫が、自分の家の敷地内で排泄することに悩んでいるという。市役所に相談したところ、渡されたのは猫除けの薬品リスト。

他人の不始末をどうして自分が処理しなければならないのか。そんな彼の悩みは、尽きないようで...。編集部宛に寄せられたメールを見ていこう。

なんで私が他人の「世話」を?(画像はイメージ)

猫の排泄物はそのまま放置され...

私はご近所さんが飼育する猫に関して悩んでいます。

私の家の敷地内に排泄物をして、飼い主がそのまま放置するので困っているのです。市役所の担当者に、相談をしたところ、とある用紙を貰いました。

用紙には、薬品の名前が記載されていました。市役所の担当者は私に、

「その薬品を散布したら、猫が来なくなる」

と言うのです。

どうして、私が薬品を購入して散布するのですかね...。散布するのであれば、市が購入して散布するのが、当然かと思います。それに散布をしたところで、3〜6か月経過したら、効果は薄れてなくなるのではないか、とも思うのです。

また、別のお隣さんの家に生えている木にも悩んでいます。なぜならば、木の葉が敷地内に落ちてくるからです。また木の枝が我が家の敷地内にはみ出しているからです。何で私の木の枝ではないのに、私が考えなければいけないのか...。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。

メール(toko@j-town.net)もしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージで、具体的なエピソード(500文字〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)