静岡県を中心に展開するパチンコチェーン店・コンコルドのCMがネット上で注目を集めている。

まずは、こちらを見てほしい。

CMタイトルは「コンコル土 1 土は見ている篇」。フリーダ・イェンセンさん(29)という、髪を三つ編みにした女性が環境問題を英語で熱弁している。

「私たちの地球は悲鳴をあげています
なのに あなたたちは経済発展のことばかり
もう うんざり
よくもそんなことができますね!
ちゃんと土を見たことある?
土はいつも私たちを見ています
どこからだって見ている
土が私たちを生かしているんです
これは 地質調査でみつけた特別な土です
人類のための土 希望の土
コンコル・ソイルです
(男性の声:ん?すみません、何て言いました?)
コンコル・ソイル
(男性の声:コンコル?)
コンコル土(つち)」

この言葉、どこかで...?(画像は静鉄アド・パートナーズ公式チャンネルの動画より)

ネット上では、これがノーベル平和賞候補にも選出されている環境活動家のグレタ・トゥンベリさんを想起させるとして話題になっている。

本人から見て左側に下げた三つ編み、環境問題を熱弁する姿、2019年9月の国連気候行動サミットで注目を集めたセリフ「How dare you」(よくもそんなことができますね)。...視聴者がグレタさんと重ねてしまうのも無理はないだろう。

広告会社に聞いてみると...

このCMは20年2月2日から、広告会社の静鉄アド・パートナーズ(静岡市)の公式YouTubeチャンネルで公開されている。

名前と年齢は違う(画像は静鉄アド・パートナーズ公式チャンネルの動画より)

このCMは本当にグレタさんを元にしたものなのだろうか。

Jタウンネットは2月7日、静鉄アド・パートナーズの営業企画担当者に取材を申し込んだが、

「(CMの)制作には関わる人が多く、確認を要します」

という理由で断られてしまった。

コンコルドはこれまでも趣向を凝らしたCMで人気を得ている。ツイッターでは今回のCMに対しても、

「キレっキレやww」
「こういうの狂おしいほど好き」
「静岡民だからよく見るwこのCMの趣旨がわかんなくなってきたw」

といった声が寄せられている。