カピバラが露天風呂や桶で入浴している写真を、多くの人が見たことがあるだろう。もはや冬の風物詩ともいえる光景になっており、いくつもの動物園で「カピバラ温泉」「カピバラお風呂」などと銘打ったイベントが行われている。

よく目にするのは、ゆずが浮かんだお風呂から気持ちよさそうに顔を覗かせるたくさんのカピバラたちの様子だが、神戸市立王子動物園(兵庫県神戸市)で撮影された入浴中のカピバラは、ちょっと変わったスタイルでお風呂を満喫していた。

美脚!(写真はranpiさんのツイートより)

こちらは、王子動物園の動物たちを撮影するツイッターユーザー・ranpi(@ranpi3918)さんが2020年2月9日に投稿した写真。石で囲まれたお風呂に入るカピバラは、お腹を天に向け、前脚をちょこんと折りたたみ、後ろ脚はピンと上に伸ばしている。

普段まじまじと見ることのないカピバラの後ろ脚。3本の指と爪、そして水かきがしっかり確認できる。しかし何より目を引くのは、その太もも(?)。毛は少なく、白くて、触ったらプリプリしていそうだ。

写真を見た人からは、

「カピバラの足ってこんなんなってんの!?」
「こんな入浴姿初めて見ました 人間みたい笑 足が意外にセクシーですね〜笑笑」
「足が茹で上がった豚足に見えた」

など、驚きの声が上がっている。

また、ranpiさんは「カピパラの、ヘソテン(編注・動物がお腹を上に向けて寝ること)初めて見ました」というリプライに対し、「何頭もいる中で、この子だけわりとしてくれます」と返信しており、カピバラの入浴の仕方にも個性が出るようだ。

朝風呂満喫中 #王子動物園 #カピバラ pic.twitter.com/J8p1qYqcZi
- ranpi (@ranpi3918) February 9, 2020

それにしても、警戒心のかけらも感じられない表情だ。お腹を丸出しでリラックスしきっているカピバラを見ていると、こちらまでお風呂に入っている時のように癒されてしまった。