「カメラに落ちてきた雪の結晶がめっちゃキレイでした」

こんな一文とともにツイッターに投稿された写真が話題になっている。屋外で撮影していたところ、降ってきた雪の結晶がきれいに見えたということらしい。

その写真がこちらだ。

雪の結晶がカメラに...(画像はKenKen@KenKenPhotoさん提供)

黒いカメラにくっきりと残る、絵にかいたような白い雪の結晶。あまりの美しさに、本来ならば撮る側であるはずのカメラが撮られる側に回っている。投稿主によれば雪はなかなか溶けなかったといい、現場は相当寒かったことが伺える。

投稿したのはツイッターユーザーのKenKen(@KenKenPhoto)さん。2020年2月6日のこの投稿は大きな反響を呼び、

「スゴい 合成かと思った!!」
「うわぁ〜キレイ 自然の素晴らしさに感動しますね」
「雪の結晶って本当に雪の結晶なんだ...綺麗...」

といった声が寄せられている。

「カメラがキンキンに冷えてました」

iPhoneで撮影(画像はKenKen@KenKenPhotoさん提供)

Jタウンネットは2月9日、投稿者のKenKenさんを取材した。

KenKenさんによれば、撮影場所は島根県奥出雲町にある「道の駅 奥出雲おろちループ」付近。雪の結晶は6日の17時ごろに撮影したという。

この日、KenKenさんはJR木次線と雪の風景を撮影しに来ていた。撮影を終えたとき、カメラやレンズの上に大きな雪の結晶がついているのに気づき、iPhoneで撮影した。当時の気温は、車の表示でマイナス3度くらいだったという。

写真では「SONY」の文字より大きく見える結晶もある。KenKenさんが計ったところ、SONYのロゴは1文字あたり1辺3ミリほどとのことだ。

「木次線はかなり本数が少なく、けっこう長い時間外で待ってたため、カメラがキンキンに冷えてました。だからなのか、降ってきた雪の結晶がなかなか溶けませんでした」

当時の状況をこのように話すKenKenさん。ちなみにその時撮っていた写真がこちらだ。

映画のワンシーンのよう(画像はKenKen@KenKenPhotoさん提供)

雪化粧をした山の中を、朱色の列車が走り抜ける。こちらも映画のワンシーンに出てきそうな1枚だ。