ツイッターに投稿された目玉焼きのイラストが、リアルすぎて写真と見分けがつかないと話題になっている。

どれくらいリアルなのか、早速ご覧いただこう。

Yasさんのツイートより

こちらはイラストレーターのYas(@yasuta_kaii32I)さんによる2020年3月30日の投稿だ。同じ目玉焼きを撮った写真のように見える2枚の画像。しかし片方はイラストとのこと。どちらが本物か、あなたは見分けることができるだろうか?

正解は左がイラスト、右が本物の目玉焼きの写真だそうだ。答えが分かってもなお、疑いの目で見てしまうほどのリアルな仕上がり。まだ焼けてない部分のみずみずしさから、カリッと焼けた白身の端に至るまで見事に描かれている。

こちらがイラスト(Yasさんのツイートより)

またこの絵を描いたときのメイキング映像も公開されている。

メイキング pic.twitter.com/GCz5zfK0W8
- (@yasuta_kaii32I) March 30, 2020

目玉焼きばかりに注目しがちだが、フライパンのテフロン加工もなかなかの再現度だ。

このツイートには、こんな反応が。

「どっちだよってなったww絵上手すぎですね」
「間違えて写真2枚あげてますよ!!!!!!!!!!」
「うーん相変わらず超拡大して見ないと片方絵だと分からないクオリティ...」

リアル過ぎる絵に、Twitterユーザーの間では混乱が巻き起こっている。

目玉焼きのイラストを見ているだけでお腹が空いてくるあたり、本能的には実物だと認識してしまっているようだ。(ライター:Met)