新潟市内にあるセブン-イレブン店舗の外観が話題になっている。なんでも、「新潟名物」とまで呼ばれているらしい。

それがこちらだ。

埋まってる...?(画像は東京右下の人@migishita14さん提供)

見慣れた「7」の看板。オレンジ、緑、赤のライン。見慣れたセブン-イレブンの外観だが一つおかしいところがある。

店舗の下半分が地面に埋まっている...ように見えるのだ。

いったいどうしてこうなったのか。下半分がないせいで店頭の看板より低くなってしまっている。明かりが漏れているので営業はしているだろうが、中に入る方法が分からない。

この写真は、ツイッターユーザーの東京右下の人(@migishita14)さんが「新潟駅名物のセブンイレブン」とコメントを付けて2020年6月30日に投稿。他のユーザーからは、

「ダッシュスライディングで入るやつですね」
「どゆこと!?!?下る階段とかあるパターン??」
「時空の歪みか」
「ネズミとか小さい生き物 用でしょうか」

といった声が寄せられている。

セブン広報に聞いてみると...

話題になったのは、セブン-イレブン新潟花園一丁目店。JR新潟駅万代口からほど近い場所にある。

Googleマップで確認してみると、店舗の入口前には階段があり、半階分下がる形となっている。扉は人が普通に通れるサイズで、スライディングする必要はなさそうだ。

入り口はこちら(C)Google

Jタウンネットは7月2日、セブン-イレブン広報に取材を試みたが、

「(構造等の詳細は)個店に関することなのでお答えできません」

とのことだった。店舗は18年1月にオープンしたという。

東京右下の人さんはJタウンネットの取材に、この店舗は以前にもツイッターで話題になっていたため「新潟名物」と表現したとしている。

ただ、話題になった投稿へのリプライ(返信)では、「都内ではたまに見かける」との声もあり、探してみたら他にも同様の店舗が見つかるかもしれない。