皆さんが普段使う駅には、「駅のオリジナルキャラクター」はいるだろうか。

ツイッターをはじめとしたSNSでもしばしば、駅が独自に作成したオリジナルキャラクターが話題となる。

その駅ごとの特徴を表現したいたり、はたまた何の関係もない謎の設定があったりと、その独特の緩さが人々を惹きつけているようだ。

Jタウンネットでは、手作り感あふれる「駅のオリジナルキャラクター」が全国にどれくらいいるのか、調査を行っている。

学生がデザインした「しぶやぎ」

2020年12月初旬、都内の主要駅が多く含まれているJR山手線沿線の駅でオリジナルキャラクターを探しはじめた筆者。

今回紹介するのは渋谷駅のオリジナルキャラクター「しぶやぎ」だ。

各国の言葉で出迎えるしぶやぎ(画像は編集部撮影)

赤くて丸いほっぺと、ヤギらしい細い目が可愛らしく、何とも癒される見た目をしている。

そしてこのしぶやぎ、よく見ると角が線路になっており、細部までこだわって作られたキャラクターのようだ。

駅の通路には、世界のさまざまな言葉であいさつをするしぶやぎのポスターが。

またホームのポスターにも、至るところにしぶやぎが登場していた。

整列乗車をするしぶやぎ(画像は編集部撮影)

Jタウンネット編集部が調べたところ、「しぶやぎ」は渋谷駅を最寄り駅とする「専門学校日本デザイナー学院」の生徒が授業の一環としてデザインしたもので、一般投票の結果、選ばれたという。

以前、渋谷駅に掲示されていたポスターによれば、しぶやぎは、18年4月28日の渋谷駅生まれ。

好きなものは、きっぷ(紙)ととうもろこしで、おだやかな性格だという。

紙のきっぷが好きなのは、やはりヤギだからなのだろうか......?

そんなしぶやぎが、交通系ICのことをどう思っているのか気になるところである。

確かにおだやかそう(画像は編集部撮影)

この「しぶやぎ」はツイッターでも

「しぶやぎさん、かわいい。すき」
「渋谷駅のキャラクター、しぶやぎ君。
ちょいちょい新規絵が追加されていて嬉しい。
グッズ欲しいなぁー。販売してくれないかなぁー!」
「渋谷駅にしぶやぎってマスコットキャラクターがいたんだけど、気のよさそうな奴で好きだった」

と大人気。

独特すぎる駅キャラクターが多い中で、いわば正統派をいく可愛さ。今年の春には3歳になるしぶやぎから、これからも目が離せない。

あなたが見つけた「駅のオリジナルキャラクター」、教えて!

Jタウンネットでは、各地の「駅のオリジナルキャラクター」の情報を募集しています。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、キャラクターの写真と駅名を教えてください。ご投稿、お待ちしています。