騒音なんて序の口ですよ――。今回紹介するのは、東京都に住むUさん(40代女性)が体験したご近所トラブルだ。

都営住宅(14階建て)の2階に住んでいた彼女。ベランダの外側にある金属製の落下防止ネットに、色んなモノが「降ってくる」という。

洋服やハンガーなら風のいたずら?と思えるが、おもちゃやぬいぐるみが落ちてくる。さらには、包丁や鍋といった調理用具や「営み」に使う避妊具まで...。

Uさん曰く、団地の住民は変わり者が多いそう。落下防止ネットならまだしも、彼女のベランダにカップラーメンの食べ残しがあったことも。

犯人は、3階から14階の住民の誰なのか。彼女は、都営住宅の本部に防犯カメラの設置を要求したのだが...。

「生活に害を及ぼす。人権問題になる。盗撮扱いにもなる」

上から「ゴミ」が...(画像はイメージ)

「アパート上階からピアノの爆音。あまりにもうるさくて注意したら『降ろせばいいんでしょ』と逆ギレされて...翌日まさかの出来事が」(栃木県・40代男性)

こちらの記事を読んで、「ピアノなんてまだまだ甘い」と思いましたので、私のエピソードをお話します。

私は14階建ての都営住宅の2階に、10年住んでいました。

部屋は真南で陽当りがよく、それなりの団地。最初の2年位はベランダに布団も干せたのですが...。

2階のベランダ側に、金属製の落下防止ネットがあるのですが、そこに、ありとあらゆる物が沢山落ちてきました。

洋服やハンガーといった生活用品なら、風が強くて落ちてきてしまったんだなと思えますよ。

でも落ちてくるものは、子供のおもちゃやぬいぐるみ、フライパン、鍋、下着、使用済みの避妊具、布団、枕、包丁、雑誌、シーツ...。もう頭が狂いそうなぐらい、上から色んな物が落ちてきました。

最悪だったのは、我が家のベランダの中にも入ってくるケースです。カップラーメンの食べ残しが、我が家のベランダに...。おかげで布団も干せなくなりました。

私が住んでいた都営住宅には、年金暮らしの老人や若者家族、中年の変な奴らがいました。

私は上からモノが落ちてきた日時を、証拠写真として撮り続けました。

ですが14階建てだし、どこの部屋の住民が落としているかわかりません。風が吹いて上階ではなく、斜めからかもしれません。犯人探しをしないと...、そう思いましたが何時に落ちてくるか、わからないんです。

どうしようと思って、都営の本部に助けを求めました。防犯カメラの設置を頼みましたが、

「生活に害を及ぼす。人権問題になる。盗撮扱いにもなる」

と言われ、何もしてくれませんでした。私は、自分で要望を回覧板で回しましたが、被害はやみませんでした。

都営住宅は毎年、各家庭に収入調査があって、その基準は毎年変わります。年金生活者にとっては、ありがたい家賃ですが、当時30代だった私の家庭は、家賃基準よりも高い収入を得ていたので「追い出される」ことに。

10年もの間、被害者として我慢し続け、退去命令。引っ越しし、現在は別の場所に住んでいます。

ピアノの音なんて序の口ですよ。

 

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的なエピソード(500文字〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)