オタクっぽい喋り方のギャル風店員がいた――

そんな体験を描いた漫画がツイッターで注目を集めている。

作者は「半径3メートルのカオス」や「ひとりぐらしシリーズ」といった著作のある漫画家のカマタミワ(@kamatamiwa)さん。「見た目ギャルっぽいのに喋り方が意外だった店員さん」とのコメントを添えて2020年1月14日、ツイッターに作品を投稿した。

洋服を買おうとしたカマタさんに、見た目が派手な店員さんが会員登録を促す。言われた通りにやってみたのだが、上手くメールが届かない。いったい、どうしたというのか。そんな時に店員さんが意外すぎる一言を発した...。

見た目ギャルっぽいのに喋り方が意外だった店員さん pic.twitter.com/tqgeFtOd65
- カマタミワ@『ひとりぐらしこそ我が人生』発売中! (@kamatamiwa) January 14, 2020

「三次元で耳にしたの初めて」

「んー何も届かないです...」

店員さんに促されるままQRコードを読み取り、開いたウェブページから空メールを送ったカマタさん。すぐメールが届くとのことだが、どうしたことかメールが送られて来ないようだ。

そんな状況について、店員さんは、

カマタミワ(@kamatamiwa)さんのツイートより

「ムムム?届かないですか?」

と、声に出して首を傾げる。漫画の登場人物が唸っている様子の時にこの台詞を見たことがあるかもしれないが、実際に言ってしまっている人に会えるとは。この店員さんにカマタさんも、

カマタミワ(@kamatamiwa)さんのツイートより

「見た目ギャル寄りなのに喋り方ちょっとオタクっぽい...好感持てる...」

と、派手な見た目とのギャップに好印象を抱いたそうだ。

問題を解決するため、メールアプリの状況をヒアリングした店員さんは、

カマタミワ(@kamatamiwa)さんのツイートより

「ヌヌヌ?ではこっちのアプリで...」

と、提案。内容云々よりも謎の「ヌヌヌ」の方が気になってしまって仕方ない。このエピソードについてカマタさんは、

「ムムムはともかく、ヌヌヌを三次元で耳にしたの初めて。好き...見た目とのギャップも相まって推せる...」

と、自身のブログでも振り返っていた。

見た目とは裏腹のギャップを描いたエピソードに、ツイッターではこんな反応が。

「ぐぬぬとかも言ってそう」
「なななんと!とか言ってくれるともっと嬉しい」
「困ったときは『トホホ...』とかいうのかな笑」

ほかにも言いそうなフレーズが頭に浮かんだ人が多かったようで、実際にこの店員さんに「会いたい」との声も上がった。

漫画でしか出会えないようなフレーズを口ずさむギャル風店員。ぜひ一度話してみたいものだ。