神社やお寺にお参りに行ったとき、どうしても気になってしまう「おみくじ」の存在。必ず引く、という人もいるのではないだろうか。

そんなおみくじを引こうとしたら、箱の中に意外なモノが入っていた――こんな話がツイッターで話題になっている。いったい何が入っていたのだろうか。

おみくじ箱の中には...(画像は武田菱@BoBwc8さん提供)

おみくじ箱の中に入っていたもの、それは「ネコ」だ。

ツイッターユーザーの武田菱(@BoBwc8)さんは2020年3月21日、愛媛県松山市の石手寺で撮影した写真を投稿。一見すると普通のおみくじ箱だが、中をのぞくとネコがおみくじに埋もれるようにして眠っている。

この子のお昼寝スポットなのかもしれないが、気づかずに手を入れてしまった人はさぞびっくりするだろう。

武田さんはこの様子を、

「石手寺のおみくじ箱の中でネコが寝ているんだが...お賽銭乗ってる...」

とツイート。ネコへのお小遣いなのか、はたまたお賽銭箱と間違えたのか、たしかにネコの上には1円玉がちょこんと載っている。武田さんはのぞき込む前、色合い的にファー(毛皮)が入っていると思ったそうだ。

たしかに毛が見える

どこか神秘的で、日本昔話に出てきそうなワンシーン。この投稿に対し、ほかのユーザーからは、

「かわいいです...!箱の中が暖かいのでしょうね」
「ネコさわり放題ついでにおみくじ引けるのですね(違う)」
「猫に小判、いや小銭」
「招き猫じゃ!御利益ありそうだ」

といった声が寄せられている。