IoT活用で住民の健康・相談事を役場や関係者で共有、長野県小谷村とKDDI

 長野県小谷村とKDDI、KCCSモバイルエンジニアリングは、IoTを活用して情報を収集、住民と役場などの関係者で共有できるシステムを構築し、1月下旬から実証事業を開始する。

 構築された「生活支援情報連携システム」は、住民の健康状態や相談事を集約し、役場や医療・福祉関係者と共有できるというもの。IoTを活用して新たなデータを収集し、これまで分散していた健康や介護などの情報をひとつのプラットフォームに集約して連携させる。これにより役場や医療関係者は、住民の最新の情報や介護などの状態を確認でき、在宅医療・介護に役立てることができるという。

 また住民が自宅で利用する血圧計の測定データもモバイル網を通じてアップロードでき、働いている世代の健康増進に役立てることが可能。さらにSigfoxを利用した押しボタンデバイスで「よろず相談システム」も構築し、あらゆる世代の相談や意見を集約できるようにする。押しボタンデバイスは、押すと役場から電話連絡がくる仕組みで、内容に応じた担当者に相談できる。

ケータイ Watchの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索