ソフトバンクおよびWireless City Planningは、第5世代移動通信システム(5G)の新たな無線方式(5G-NR)を活用し、新東名高速道路でトラック隊列走行の実証実験に成功した。

 実証実験は、先頭車両が有人運転で、後続車両は自動運転で先頭車両を追従する形式で行われた。実験では、5G-NRの高信頼・低遅延の特長を生かして隊列走行するトラック車両間で制御情報を共有し、目標車間距離10mで後続車両の自動運転に成功した。

 実験は、新東名高速道路の試験区間約20kmで行われた。時速約80kmで走行する3台のトラック車両間で、5Gの車両間通信を活用して位置情報や速度情報、操舵情報などを共有し、目標車間距離10mでの協調型車間距離維持制御に加え、リアルタイムで後続車両の自動操舵制御を行った。

 今回の実験は、一般車両が走行する高速道路において、トンネル区間を含む試験区間で車間距離10mで安定した隊列維持に成功したという。