象印、温度調節で“サクふわ”なトーストが焼けるマイコンオーブントースター

象印、温度調節で“サクふわ”なトーストが焼けるマイコンオーブントースター

 象印マホービンは、トーストをきれいに焼ける「マイコンオーブントースター こんがり倶楽部 ET-GM30」を9月1日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は12,000円前後(税抜)。

 4枚のトーストを一度に焼けるオーブントースター。庫内が広く、直径25cmのピザを丸ごと焼けるほか、グラタン皿を3枚同時に置ける。

 上2本、下3本の遠赤外線ヒーターを搭載。出力は最大で1,300W。必要に応じて出力を切り替えられる。80℃から250℃の間で温度調節できる機能も搭載。メニューに合わせてふんわり温めたり、こんがり焼き上げたりできるという。

 新たに「サクふわトースト」コースを搭載。トーストを焼き上げる際、マイコンによる温度調節を行なうもの。焦げ目のつかない温度帯に留めることでサクッと層を厚くし、その後、一気に火力を上げて焼くことで、中のふわっとした食感は残しつつ、表面はサクッと軽い歯ざわりのトーストに仕上げるとする。

 そのほか「トースト/冷凍トースト/ピザ/冷凍ピザ/フライあたため/ロールパンあたため」など「サクふわトースト」と合わせて全7種のマイコン自動コースを設定できる。

 本体サイズは395×345×225mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は5kg。電源コードの長さは1.2m。カラーはマットブラック。

家電 Watchの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索