ショップジャパンを展開するオークローンマーケティングは、左右の鍋でごはんとおかずを同時調理できる「ツインシェフ」を、1月15日に発売した。価格は24,800円(税抜)。

 2つの内鍋で同時調理できる自動調理鍋。材料を入れてボタンを押すだけで、左右の鍋でごはんとおかずを同時に調理するといった使い方ができる。最大調理容量は約3.6L(1.8L×2)。ごはん4合と、カレー約6皿分を一度に調理可能としている。

 付属の蒸しプレートを使えば、ごはんを炊きながら、煮込み料理をしながらの蒸し調理もできる。蒸しプレートは2個付属し、最大4品を同時調理可能。内鍋にはフッ素コーティングを施しており、食材がくっつきにくく手入れも簡単としている。

 材料を入れてボタンを押すだけで料理が完成する「クイックメニュー」は10種類搭載。「白米炊飯/玄米炊飯/炊き込みご飯/雑炊/おかゆ/スープ/煮込み料理/蒸し料理/ケーキ/ヨーグルト」を用意し、調理方法に合わせて最適な火加減と時間に自動で調整する。焦げ付きにくく、吹きこぼれの心配がないため、火元を見張らずほったらかし調理ができるという。

 調理温度と時間を自由に設定できる手動調理機能では、温度を35〜130℃、調理時間を1分〜12時間に設定可能。保温や温め直し機能を備え、いつでもアツアツの料理が楽しめるという。

 本体サイズは、410×300×210mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約5.2kg。消費電力は900W(450W×2)。内鍋×2、蒸しプレート×2、おたま、しゃもじ、計量カップが付属する。