おからとタマネギが合う!しっとり、シャキシャキの発酵サラダ

発酵にまつわるエッセーの執筆、レシピ監修、イベント開催まで幅広く活躍する発酵マイスターの田中菜月さんに、タマネギが主役のレシピを紹介していだきます。柑橘の香りがきいた爽やかなサラダです。

タマネギと柑橘のおからサラダ

しっとりとしたおからがおいしい、タマネギサラダ。カレーの風味が食欲をそそります。

材料(2人分)

タマネギ:1/2個

にんじん(※):1/4個

おから:200g

柑橘(何でも可):1個

アボカド:1/2個

ぬか床があれば、ぬか漬けにしたにんじんを使います。

<ドレッシング>

米のマヨネーズ(一般的なマヨネーズでも可):大さじ3

塩:小さじ2

カレー粉:小さじ2

ぬか床のぬか(あれば):小さじ2

亜麻仁オイル(なければその他のオイルで可):大さじ1

<飾り用>

オニオンスライス:適量

ハーブ(お好みで):適量

作り方

タマネギは薄くスライスして、塩(分量外)で軽くもんでおく。

にんじんは、生の場合もぬか漬けの場合も5mm幅の薄切りにし、生の場合は塩(分量外)で軽くもんでおく。

柑橘は皮をむき、半分は果汁を絞り、半分は薄皮をとって実を出しておく。

アボカドは皮をむいておく。

ボウルにドレッシングの材料と3の絞り汁を混ぜ合わせる。

5におからとアボカドを入れ、アボカドを潰しながらしっかりと混ぜ合わせる。

1と2を6に入れ、ざっくりと混ぜ合わせる。

器に盛り付け、柑橘の実とオニオンスライス、ハーブ(上の写真はディル)を飾る。

memo

・野菜を塩もみしたり、ぬか漬けにしたりすることで、おからとの味なじみがよくなります。
・アボカドや、柑橘の絞り汁を入れることで、おからのパサつきがなくなりしっとりとします。
・作りたてより、すこし置いておくと、全体の味がなじんで食べやすくなります。

最後に

パンのトッピングや、サンドイッチにしてもおいしいタマネギとおからのサラダをぜひ作ってみてください。

田中菜月

田中菜月/Natsuki Tanaka

発酵家/モデル

2011年体調を崩した時に、りんご酵母と出会う。2012年ファスティングと発酵の資格を取得。2015年発酵と藝術が融合した田中菜月発酵展「醸し醸され〜春うらら〜」開催。同年、発酵食のワークショップ「Natsuki’s HaCcOoo Lab」スタート。東京と名古屋をベースに発酵の根源的魅力を伝え続けている。近年では、絶滅危惧種の発酵食や常滑焼の復興活動の他、CALPIS・LEXUSなどの企業や発酵居酒屋のプロデュースも手掛けている。
ホームページ

Instagram

[タマネギ]正しい保存方法や切り方のテクニック

[タマネギ]正しい保存方法や切り方のテクニック

特有の辛みや、においのあるタマネギ。辛み成分である「硫化アリル」は、血液をサラサラにすると言われています 。また、炒めたタマネギは旨み成分であるグルタミン酸を含んでおり、料理をいっそうおいしくする薬味としても効果を発揮します。

最終更新:2020.07.01

文・写真:田中菜月
監修:田中菜月、カゴメ