オクラのフライレシピ!サクッ&もっちり食感でビールが進む2選

オクラは茹でておひたしやあえ物にすることが多いですが、揚げ物もおすすめです。そこで今回は、サクッとした食感を楽しめるフライレシピを、料理研究家の高橋千帆さんに紹介していただきます。

<洋風>フライドオクラ ケイジャンケチャップ添え

カリカリねっとりのオクラフライ。スパイシーなケイジャンケチャップがクセになる、おつまみにぴったりな一品です!

材料(2、3人分)

オクラ:8本(1パック:約95g)

パン粉:20g

薄力粉:大さじ3

水:大さじ1と1/2

酒:大さじ1

すりおろしニンニク:小さじ1

塩:ひとつまみ

こしょう:少々

<ケイジャンケチャップソース>

トマトケチャップ:大さじ1〜1と1/2

パプリカパウダー:小さじ1/4

クミンパウダー:小さじ1/8

ガーリックパウダー:小さじ1/8

コリアンダーパウダー:小さじ1/8

揚げ油:適量

作り方

オクラはヘタをとり、板ずりするか、ネットに入ったまま、流水で優しくすり洗いをしてうぶ毛を取ったあと、約1.5cm幅に切る。
板ずりの仕方はコチラ

パン粉をすり鉢かフードプロセッサーなどで、細かい粉状にする(すり鉢などがない場合は、ポリ袋に入れ綿棒など棒状のもので叩く)。
パン粉を粉状にすることでクリスピーな仕上がりに

おいしく作るコツ

パン粉を細かくすることで、オクラにしっかりと衣が付き、クリスピーな仕上がりになります。

ケイジャンケチャップソースの材料をすべてボウルに入れて混ぜ合わせる。

薄力粉、水、酒、すりおろしニンニク、塩、こしょうをボウルに入れてよく混ぜたら、1を加えさらに混ぜる。

4のオクラに2をムラなくつける。

170℃に熱した揚げ油に5を入れてキツネ色になるまで揚げ、油をよく切る。

器に盛り付け、3を添える。
フライドオクラ ケイジャンケチャップ添えのレシピ

memo

フライドオクラは、アメリカ南部のポピュラーなアペタイザー(前菜)です。本場ではパン粉ではなく、コーンミール(乾燥させたとうもろこしを粉状にしたもの)を使って作ります。もしもコーンミールが入手できたら、パン粉の代わりに使ってみてください。さらにカリカリでクリスピーな仕上がりになります!

<和風>オクラとささ身のもっちり揚げ

もっちり、ねっとりとした食感を楽しめる、ショウガたっぷりの唐揚げ。一口サイズでお弁当のおかずにもぴったりです。オクラが苦手な子どもにもおすすめです。

材料(2、3人分/4cm×4cmの大きさ13個分ほど)

オクラ(大):5本(約80g)

ささ身:4本

<A>

塩麹:小さじ1

マヨネーズ:小さじ1

すりおろしショウガ:小さじ2

醤油:小さじ1

酒:小さじ1

塩:ひとつまみ

小麦粉:大さじ2

揚げ油:適量

作り方

ささ身の筋を取り、縦に2等分に切る。ポリ袋に入れ、指でささ身の繊維を潰しながら、下の写真のように3cmほどの大きさに分ける。
ささ身をポリ袋に入れて潰しながら3cmほどの大きさに分ける

1にAを入れてもみ込み、10分ほど置いておく。

オクラはヘタとうぶ毛を取り(うぶ毛の取り方は<洋風>の工程1を参照)、約1.5cm幅の斜め切りする。

2に小麦粉を加え、まんべんなくもみ込む。

4に3を加え、下の写真のように4cm四方くらいに小さくまとめながら、170℃に熱した油で揚げる。
材料を4cm四方くらいにまとめる

memo

カットしたオクラ2、3個を、ささ身の肉でまとめるようにするとバランスよく作れます。

しっかり油を切ってから器に盛り付ける。
オクラとささ身のもっちり揚げのレシピ

memo

・塩麹を2の工程で加えることで、ささ身が硬くなりにくくふんわりします。ただし、焦げやすくなるため、菜箸で数回転がしながら、中温(170℃くらい)で揚げるときれいに揚がります。
・お好みで粗挽き黒こしょうをかけると、ピリッとした大人味になります!

最後に

食感までおいしいオクラのフライを、ぜひ作ってみてください。

高橋千帆

高橋千帆/Chiho Takahashi

料理研究家/ベジタブル&フルーツアドバイザー

1980年、北海道生まれ。二女の母。調理、菓子の学校を卒業し、ベーカリー、パティスリー、カフェ、紅茶専門店など、さまざまな菓子と料理の経験を重ねる。2007年より、インターネット販売、店舗PR用の菓子製作など、菓子を中心とした活動に従事。その後、出産、子育てを経て、菓子、料理に関わる活動を再スタート。現在は、料理家たかはしよしこ氏の「エジプト塩」スタッフとしても活躍。企業のフードスタイリングも手がけ活躍の場を広げている。「医食同源」の考えを基に、家庭でも簡単に美味しく作れる、カラダが喜ぶ料理を研究している。
Instagram


プロフィール写真:矢部ひとみ

[オクラ]含まれる栄養や冷凍保存&下ごしらえのコツ

[オクラ]含まれる栄養や冷凍保存&下ごしらえのコツ

ネバネバが特徴のオクラ。茹でたり炒めたりするほか、生でも食べることができる野菜です。細かく刻めば離乳食のとろみづけにも使えます。

最終更新:2020.07.22

文・写真:高橋千帆
監修:高橋千帆、カゴメ