新タマネギの丸ごとご飯!炊飯器に入れて炊くだけの簡単レシピ

発酵マイスターの田中菜月さんに、新タマネギのご飯レシピを紹介していただきます。皮をむいて炊くだけで簡単にできます。

新タマネギの丸ごとご飯

タマネギの皮をむくだけ!包丁も使いません。タマネギがトロトロに溶けて、そのままでおいしくいただけます。新タマネギそのもののおいしさを召し上がれ!

材料

米:3合

水:650ml

新タマネギ:1個(200g)

醤油:大さじ3

作り方

米を洗って炊飯器に入れ、水を入れる。

新タマネギの皮をむき、そのまま丸ごと1に入れて炊く。

炊き上がったら、醤油を回しかけて、しゃもじでざっくりと混ぜる。

おいしく作るコツ

ざっくりと、新タマネギの存在が分かるくらいに混ぜるのがポイント。そうすることで、タマネギの甘みが感じられます。   

memo

・硬めに炊いてバターで炒める、新タマネギチャーハンも絶品です。
・握った後に表面に焼き目をつける、焼きおむすびも試してみてください。

最後に

トロトロの新タマネギご飯をぜひ作ってみてください。

田中菜月

田中菜月/Natsuki Tanaka

発酵家/モデル
2011年体調を崩した時に、りんご酵母と出会う。2012年ファスティングと発酵の資格を取得。2015年発酵と藝術が融合した田中菜月発酵展「醸し醸され〜春うらら〜」開催。同年、発酵食のワークショップ「Natsuki’s HaCcOoo Lab」スタート。東京と名古屋をベースに発酵の根源的魅力を伝え続けている。近年では、絶滅危惧種の発酵食や常滑焼の復興活動の他、CALPIS・LEXUSなどの企業や発酵居酒屋のプロデュースも手掛けている。
ホームページ

/

Instagram

[タマネギ]正しい保存方法や切り方のテクニック

[タマネギ]正しい保存方法や切り方のテクニック

特有の辛みや、においのあるタマネギ。辛み成分である「硫化アリル」は、血液をサラサラにすると言われています 。また、炒めたタマネギは旨み成分であるグルタミン酸を含んでおり、料理をいっそうおいしくする薬味としても効果を発揮します。

最終更新:2020.07.22

文・写真:田中菜月
監修:田中菜月、カゴメ