[梅味噌ディップの超簡単レシピ]野菜スティックによく合う!

発酵マイスターの田中菜月さんに、簡単で保存のきく梅味噌ディップを紹介していただきます。野菜につけて食べると絶品です。

野菜と梅味噌ディップ

やわらかい完熟梅と味噌をあえるだけ!梅1個でできる万能発酵調味料です。

材料

完熟梅:1個(25g)

味噌(白味噌など):75g

野菜(お好きなもの):適量

作り方

完熟梅は種を取り除く。

味噌と1を混ぜる。

memo

・作ったその日から食べられ、冷蔵庫で約1年保存できます。
・野菜は、きゅうり、にんじん、プチトマト、ヤングコーンなどがおすすめです。なんでも合いますので、その時々の旬のものや、好きなもので楽しんでみてください。

最後に

作り置きできて、どんな食材にも合う梅味噌ディップを作ってみてください。

田中菜月

田中菜月/Natsuki Tanaka

発酵家/モデル
2011年体調を崩した時に、りんご酵母と出会う。2012年ファスティングと発酵の資格を取得。2015年発酵と藝術が融合した田中菜月発酵展「醸し醸され〜春うらら〜」開催。同年、発酵食のワークショップ「Natsuki’s HaCcOoo Lab」スタート。東京と名古屋をベースに発酵の根源的魅力を伝え続けている。近年では、絶滅危惧種の発酵食や常滑焼の復興活動の他、CALPIS・LEXUSなどの企業や発酵居酒屋のプロデュースも手掛けている。
ホームページ

/

Instagram

[にんじん]料理別の切り方と保存法

[にんじん]料理別の切り方と保存法

体にうれしい働きをしてくれるβ-カロテンの含有量は、野菜の中でもトップクラス。生育には低温が適し、生産地を移動しながら一年中つくられています。日本には、中国を経て17世紀に伝来。短く太い西洋種が主流です。

最終更新:2020.07.22

文・写真:田中菜月
監修:田中菜月、カゴメ