[さんまのレシピ]プロ直伝!野菜を使った和&洋の絶品アレンジ

[さんまのレシピ]プロ直伝!野菜を使った和&洋の絶品アレンジ

料理教室の主宰などで幅広く活躍する冷水希三子さんに、秋の味覚のひとつ、さんまを使った洋風と和風のレシピを紹介していただきました。

さんまと椎茸のオイル煮

さんまのうまみを椎茸が吸って、相乗効果のおいしさです!残ったら、パスタのソースなどに。

材料(2人分)

椎茸:4枚

ニンニク(包丁の腹で押してつぶす):1片

タイム:10本ほど

さんま:1尾 

白ワイン:50ml

エキストラオリーブオイル:200mlくらい

塩:適量

作り方

さんまは4等分の筒切りにしてワタを除き、塩をしっかりとふる。30分ほどおいて臭みを抜く。
さんまを4等分の筒切りにしてワタを除き、塩をふる

椎茸は石づきを取って、4等分に切っておく。

小鍋にタイムとつぶしたニンニクを入れ、その上に1の水気を拭いてのせる。
小鍋にタイムとつぶしたニンニク、さんまを入れる

おいしく作るコツ

さんまの下にハーブを敷くことで、さんまが鍋に直接当たらずやわらかく煮えます。

3に2をのせ、さらに白ワインとエキストラバージンオリーブオイル加えて火にかける。沸いたら弱火にして、10〜15分ほどアクを取りながら煮る。

塩を加え、器に盛って完成。

さんまと椎茸のオイル煮のレシピ

焼きさんまとごぼうの炊き込みご飯

焼いたさんまの香ばしさと、さんまのうまみを吸ったごぼうの風味がよく合います。

材料(2〜3人分)

ごぼう:20cm

さんま:1尾

米:2合 

ショウガ(みじん切り):1片分

梅干し:1個

A

だし汁:360ml

酒:大さじ2

薄口醤油:20ml

万能ネギ:適量

すだち:適量

塩:適量

作り方

さんまは半分に切り、ワタを取り除いて塩をして30分ほど置く。水気を拭き、両面をこんがり焼く。
さんまは半分に切ってワタを除き、塩をして両面を焼く

ごぼうはささがきにして水にさらし、あくを抜く。
ささがきにしたごぼうを水にさらす

鍋(※)に研いだ米とAを入れ、水気を切った2をのせ火にかける。

沸いたら1とショウガ、梅干しを加え、弱火にして蓋をする。12分ほど炊いて火を消し10分蒸らす。
炊飯器でもOK。その場合、すべての具材をのせてから炊く。

4のさんまと梅干しを取り出し、ほぐして鍋に戻し混ぜ合わせる。

memo

梅干しはお好みで量を加減してください。

茶碗に盛り、小口切りにした万能ネギをのせ、すだちを絞っていただく。

焼きさんまとごぼうの炊き込みご飯のレシピ

冷水希三子

冷水希三子/Kimiko Hiyamizu

料理家/フードコーディネーター/料理教室主宰

レストラン、カフェでの勤務を経て、フードコーディネーターとして独立。季節の味や素材を大切にしながら、雑誌や広告などを中心に活躍。著書に『さっと煮サラダ』、『スープとパン』(いずれもグラフィック社)、『ハーブのサラダ』(アノニマ・スタジオ)など。
ホームページ

Instagram

Twitter

[椎茸]栄養を活かす、下ごしらえや料理のコツ&保存方法

[椎茸]栄養を活かす、下ごしらえや料理のコツ&保存方法

西洋のマッシュルーム、アジアのふくろたけと並んで、世界三大栽培きのこのひとつとされています。不溶性食物繊維を含み、カロリーは100gあたり18kcalと低く、ダイエットの強い味方でもあります。

最終更新:2019.10.30

文・写真:冷水希三子
監修:冷水希三子、カゴメ


関連記事

VEGEDAYの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る