スプーンで割けるほど軟らかく煮込んだ牛タンがゴロッと入った、コクのあるカレーがライス300グラムにたっぷり。厚くてジューシーなハンバーグも300グラムの存在感を示す。付け合わせのマカロニはガーリックとブラックペッパー風味で主役を引き立てる。
 仙台市宮城野区の仙台港近くに昨年9月オープンした「カリフォルニア食堂」の「ワイルドカリーバーグ」(1620円)は食べ応えがある一品だ。
 牛タン焼き専門店「司」(青葉区)の系列店。荒幸司オーナー(49)が米ロサンゼルス出店の際にカリフォルニア料理を食べ歩き、牛タンと相性の良いメニューを研究したという。どの料理もアメリカンサイズだ。人気の「シーソルトアイスコーヒー」(410円)もテークアウトできる。
 店舗周辺には仙台うみの杜水族館や大型商業施設があり、他県ナンバーの客も多く立ち寄るという。
 上野剛志店長(43)は「おいしいものに国境はない。がっつり食べて元気をつけてほしい」とPRする。(伊藤恭道)

[メモ]午前10時半〜午後8時。水曜定休。一部メニューを除きテークアウト可能。しゃぶ舌(たん)Bowl(1188円)、ビーフタンシチューコッぺ(1026円)も人気。ドライブスルーあり。仙台市宮城野区中野1の3の7。連絡先は022(290)6737。