<甲子園>仙台育英きょう初戦 ベンチ外の2人全力サポート「最後まで心は一つ」

<甲子園>仙台育英きょう初戦 ベンチ外の2人全力サポート「最後まで心は一つ」

 宮城代表の仙台育英は12日、滝川西(北北海道)との1回戦を迎える。甲子園のベンチ入りメンバーは18人で、宮城大会から2人減る。今大会は高橋愛斗、穂積悠太の3年生2選手が外れたが、ベンチの外から全力でナインをサポートする。
 佐々木順一朗監督がベンチ入りメンバーを告げたのは、大阪へ出発する日の朝だった。「苦渋の決断だった」と言う。
 「最後まで選手として残りたかった」。2人は唇をかみしめながら、残った18人に「頼むぞ」と声を掛けた。大阪行きの機内では、涙が止まらなかったが、着陸する頃には気持ちを切り替えた。
 「応援したくても甲子園に来られなかった3年生もいる」(穂積選手)、「チームが勝つためには仕方ない」(高橋選手)。4日から再開した練習で、2人は用具の準備や練習補助に汗を流している。いつも以上に大きな声がグラウンドに響く。
 2人は試合でボールボーイを志願した。ベンチ脇に席があるが、規定でチームメートに声を掛けることはできない。「最後まで心は一つ」。誰よりも近い所から、ナインを支えようと思っている。(今愛理香)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

河北新報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索