<楽天>茂木延長12回サヨナラ弾

<楽天>茂木延長12回サヨナラ弾

 プロ野球東北楽天は12日、仙台市の楽天生命パーク宮城で西武20回戦に臨んだ。延長十二回、茂木の7号2ランで3−1とし、今季3度目のサヨナラ勝ち。最下位の東北楽天と5位ロッテのゲーム差は3.5となった。

 ◇

 東北楽天−西武20回戦(西武14勝6敗、17時、楽天生命パーク宮城、26,852人)
西武   000001000000 =1
東北楽天 100000000002×=3
(延長12回)
(勝)宋家豪24試合4勝2敗
(敗)斉藤大7試合1勝1敗
(本)茂木7号(2)(斉藤大)

 ◇

 打線は一回、2死二塁から今江の左前適時打で先制する幸先のいい展開。先発辛島はその1点リードを守り続けた六回、森に同点打を許したが、五回までは西武打線を2安打に封じた。6回4安打1失点で、自己最多タイの9三振を奪う好投だった。継投となった七回以降は松井、青山、ハーマン、高梨、久保の救援陣が無失点でしのぎ、延長十二回を締めた7番手宋家豪が4勝目を挙げた。
 平石監督代行は茂木の一打を「最高の当たりだった」と絶賛。西武に2連敗した後に一矢報い、「3連敗するのだけは嫌だった。この勝ちが(14日から敵地で3連戦となる)ソフトバンク戦へつながる」と強調した。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

河北新報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索