氷の彫刻、コックら熱戦 横浜

氷の彫刻、コックら熱戦 横浜

 ホテル、レストランのコックらが氷の彫刻の腕前を競い合う「第53回神奈川県氷彫刻技術コンクール大会」が6日、横浜市中区のイセザキ・モールで行われた。全日本司厨士協会県本部の主催。 県内を中心とした30人が高さ約1メートル、重さ135キロの氷柱を相手に技術を披露。 この日、横浜の日中の最高気温は33・6度(横浜地方気象台調べ)。制限時間1時間の間にどんどん溶け出す氷の塊を相手にノミやのこぎりなどを使用して手早くイメージ通りの形に仕上げていった。◇ 上位入賞者は次の通り。(敬称略) ▽1位=近藤卓(ホテルオークラ東京)▽2位=小林義明(師弟食堂赤倉ホテル)▽3位=長野通教(富士屋ホテル仙石ゴルフコース)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神奈川新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索