ヒアリ対策で横浜市が初会合

 横浜市は7日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が横浜港で発見されたことを受け、関係機関との連絡会議を立ち上げた。同市中区で開かれた1回目の会合で、ヒアリの定着を防ぐため水際対策で連携することを確認した。 ヒアリとみられるアリが見つかった場合は速やかに鑑定を行い、情報を関係機関や業者と共有。専門家の指導のもと駆除や拡散防止の処理を行うとした。 環境省は市と連携して今月から10月末まで、横浜港のすべてのコンテナターミナルを対象にヒアリの侵入がないか目視点検をした上で、捕獲用容器の設置を3回繰り返すことも報告された。 横浜港・本牧ふ頭では7月14日に働きアリ約500匹以上をはじめ、幼虫やさなぎを含めて700匹以上が見つかっている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神奈川新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索